Global

2016年 暴れる



"人は1年で出来ることを過大評価し、10年でできることを過少評価する" アンソニーロビンズ


"あたり前"を創造するのはかくも時間のかかることか。でも10年は何かを成すには十分なはず。


2016年、創業から数えて9年目に入ります。現時点で我々の提供する何かが"あたり前になった"とは言い難い。
他方でSansanをここ数年の歴史の1ページから破いたならば、今我々のサービスを使っている人達は、YonyonなりSevenなり異なる何かを使っているとも思えない。


つまり我々のチャレンジは何かと相対化されるものではなく、本旨は価値の創造にあり。その価値が普遍化したときにあたり前が生まれる。


昨年末に総括した通り、2015年の1年間で、それまで7年かけて積み上げてきたものが倍になった。Sansan、Eight、オペレーション、リソース全ての面で、その本質において倍になったと言える。


ただ、それは振り返ってから確認した事実に過ぎない。突然、風が吹いたわけでも、ある日ビッグウエーブがきたわけでもない。ふと気づいたら2倍になっていた。そして、その伸びに翻弄されたわけでもなく、日々所在をグリップしながら前に進んできた。その結果として創業7年かけて積み上げたものを直近1年で倍になった。


このことは何を意味するのだろうか。



世界を変える。


そのためには浸透のスピードを倍々であげていかなければならない。


そのレベルにあげていけば、"あたり前"が創造できる。


最近こんな会話をよくする。


----


寺田: あなたのオフィスにはコピー機はありますか?


Aさん:はい。


寺田: なぜですか?


Aさん: .......


----


もはや答えがない。それが"あたり前"ということ。そこにあるのがあたり前で疑問がわかない。


布石は打った。 Wux、open、lean、地方、海外、carp、newton、増資、social、premium 、、、


今年はその布石を使って、さらに倍にしていく。


全国展開あり、海外あり、carpあり、leanあり、newtonあり、socialあり。


フィールドは広がった。やってやりたい。


2016年は、そのフィールドで暴れたいと思う。


だから、今年のテーマとして"暴れる"を掲げたい。暴れてやろう。


トレンドでも、たまたまでもなく、自らの手で広げてきたフィールドで思う存分暴れてやろう。


みんな各所で暴れてください。


"1年で出来ること"を過大にすべく、本年に臨みたい。


"暴れる"


やりましょう。


2016年年頭
寺田親弘