Product
クラウド契約業務サービス「Contract One」

Sansan株式会社はテクノロジーを活用して、これまでいくつものビジネスの課題を解決してきました。そんな私たちが、いま取り組むチャレンジのひとつが、“契約書”に関わる業務の改善です。現在、日本企業では「紙の契約書をなるべく無くしたいが、電子化も進まない」という課題があります。

紙の契約書が前提の押印フローは、原本の回覧が前提となっていたり、締結にあたり企業間・部署間をまたぐやりとりが何度も発生したりと、非効率的な業務が数多くあります。また、紙は検索性が低く、保管するための場所も必要と、利便性に課題があります。

また、現在世の中にある電子契約書にも課題があります。契約相手が紙の契約書を要望する場合には、電子契約書を使えません。デジタル化の成否が取引先に左右されることがあるのです。また、自社とは異なる種類の電子契約サービスで取引先から締結を求められると、管理が大変になることもあります。

こうした課題を解決するために、私たちはクラウド契約業務サービス「Contract One」を作り出しました。Sansanが名刺のデータ化により長年培ってきた、人力とAIを組み合わせた独自のテクノロジーを活用することで、紙やPDFの契約書をテキストデータ化。管理に必要な項目を抽出・インデクシングし整理します。これにより、契約書類の検索性・一元管理の効率性を上げるだけではなく、契約内容の分析と改善を可能にし、企業法務の業務にも貢献します。

「契約書に関連する業務をデジタル化する」という行為は、非常に難易度の高いエンジニアリングです。契約や法律にまつわるドメイン知識を学ばなければなりません。また、多くの企業がいま抱えている業務課題を、深く理解する必要もあります。生まれたばかりのプロダクトであるが故に、プロジェクトを取り巻く状況も日々刻々と移り変わっています。

しかし、だからこそ「困難な課題と向き合い、世の中に貢献したい」というマインドを持つエンジニアにとっては、挑みがいのある環境です。「Contract One」の開発チームのメンバーたちは、相互に信頼関係を築き、一人ひとりが主体性を持って動きながら、熱量高くプロダクトと向き合っています。

私たちSansan株式会社は「出会いからイノベーションを生み出す」というミッションを掲げ、複数のプロダクトを作り出してきました。企業や人の間で取り交わされる契約書は、誰かと誰かが出会い、新しい試みを始めようとする証。だからこそ、Sansanがその営みを支える意義があると考えています。“契約”を発端としたイノベーションを、私たちはテクノロジーの力で生み出します。

Members InterviewContract One エンジニアインタビュー

クラウド契約業務サービス「Contract One」
技術本部 Contract One Engineeringグループ
有馬 丞

Technology Stack技術スタック・開発プロセスについて

CultureSansanエンジニアのカルチャーについて

RecruitmentSansanエンジニアの採用について