Product
データ統合基盤
「Sansan Data Hub」

「Sansan Data Hub」は、顧客データ統合サービスです。「Sansan Data Hub」を用いて「Sansan」を顧客管理ツールやマーケティングオートメーションと連携させることで、社内に散らばる顧客データを1箇所に統合できるようになります。これにより、「組織の壁」「システムの壁」を越えた顧客情報の連携が可能になります。また、質の問題により活用しきれない顧客データを最小化できます。こうして統合された顧客データは、「Sansan Data Hub」上だけではなく「Sansan Data Hub」と連携された顧客管理ツールやマーケティングオートメーション上でも活用できます。

Sansanが名刺管理サービスを提供する過程で蓄積された技術とノウハウが、このサービスに結実しています。名寄せとデータクレンジングを自動的に実施することで、社内のあらゆる顧客データを正規化・統合・リッチ化。高品質な顧客マスタを構築することが可能になります。

「Sansan Data Hub」では、システム要件を達成するために数多くの技術的なチャレンジをしています。効率よく大量のデータを処理する目的から、並列分散処理のマイクロサービスアーキテクチャを採用しました。また、多種多様な形式のデータを扱うために、データベースや検索エンジンにも設計上の工夫がいくつもあります。

「Sansan Data Hub」には「機能のわかりやすいユースケースが存在しない」という特徴があります。企業ごとに、顧客データの活用方法はさまざま。だからこそ、ありとあらゆる用途に対応できるように、汎用性の高いデータを生成しなければなりません。かつ、単にデータを蓄積するだけでは不十分です。ユーザーにとって利便性高く活用できるように、適切なデータモデリングを行う必要があります。極めて難易度の高い設計・実装が求められるため、エンジニアのスキルの真価が問われます。

「Sansan Data Hub」の開発は、「プラットフォーム」を構築するような仕事です。このサービスが提供する顧客データ基盤を始発駅として、新しいビジネス施策が始まる。そして、施策の結果として生成された新しいデータが、終着駅である「Sansan Data Hub」にふたたび投入される。

「Sansan Data Hub」は、顧客のデータ活用を支える基盤となり、未来の当たり前を創ります。

Members InterviewSansan Data Hub エンジニアインタビュー

Sansan Data Hub
技術本部 Data One Engineeringグループ
長谷川 陽平

Technology Stack技術スタック・開発プロセスについて

CultureSansanエンジニアのカルチャーについて

RecruitmentSansanエンジニアの採用について