Sansan Data HubMembers Interview

成長することを目的にしない。ひたむきにミッション実現を目指せば、結果的に成長している。

技術本部 Data Hub Engineeringグループ
長谷川 陽平

入社年:2019年

2019年に新卒でSansan株式会社へ入社。データを整理・統合し、 最適なデータを構築する「Sansan Data Hub」のエンジニアとして、連携機能の開発や「Sansan Data Hub」の利用に必要なセットアップ業務の自動化などを行う。名刺管理だけにとどまらないSansanの価値を世に提供できるよう日々奮闘している。

Sansan株式会社が実現しようとしているミッションに惹かれて、この会社に入ることを決めました──。真っすぐな眼差しで、長谷川陽平はそう語ります。彼が開発に携わるのは、「Sansan Data Hub」。顧客の持つ各種データの名寄せとデータクレンジングを自動で行うことで、社内のあらゆるデータを正規化・統合・リッチ化できる機能です。プロダクト開発を通じて長谷川が実現したいこととは?

各メンバーの優れた部分を真似していけば、きっと最強になれる

私がSansan株式会社に新卒入社してすぐに配属されたのが、 Sansan Data Hubの開発チームでした。全員、私よりも年上で優秀なエンジニアばかり。とにかく一日でも早く自分も戦力になりたいという思いを抱いていました。

この開発チームには尖ったスキルを持ったメンバーが多いです。よくゲームなどで、登場キャラクターの特徴や強みを多角形のレーダーチャートで表現することがありますよね。チームにいる全員が、レーダーチャートのなんらかのパラメーターの最大値を持っているような感じです。彼らの良いところ・優れたところを着実に真似していけば、きっと自分は最強になれると思いました。

Sansan Data Hubは多種多様なフォーマットのデータを大量に処理するために、アーキテクチャにおいて数多くの工夫をしています。一般的なWebアプリケーションなどとは求められるシステム要件からして違います。だからこそ「何を実現するためのロジックなのか」を常に自問自答しながらコードを書く姿勢が求められます。

例えば、世の中で広く用いられているシステム開発の原則として、DRYやKISS、SOLIDといったルールがあります。Sansan Data Hubの開発では、特殊なシステム要件を実現するために、あえて意図的にそうした原則から逸脱することもあります。アーキテクチャ構築やシステム設計の基本を理解しつつも、あえてそこから一歩踏み出す発想ができる。Sansan Data Hubの開発チームには、そんなスキルの高いエンジニアが集まってプロダクト開発を実現しています。

チームの一人ひとりが、プロダクトと徹底的に向き合う

Sansan Data Hubの開発では、すべてのエンジニアが「プロダクトをよくするために何をすべきか」を徹底的に考え抜いています。どのような設計にすれば、より効率的かつ正確にデータを処理できるのか。目の前にある各種の技術課題といかに向き合っていくか。そして、Sansan Data Hubをどう成長させていきたいのか。おのおのが自主性を持ってものごとを考え、決断し、手を動かしています。

実は私には、今後エンジニアとして中長期的にチャレンジしたい目標がありません。より正確にいうと、自分はいま目の前にある課題を全力で解決することにモチベーションを感じるタイプで、「今後どのようなエンジニアになりたいか」というビジョンにそれほど関心がないんです。

成長することは目的ではなく、あくまで結果だと思っています。自分が心の底から成し遂げたいと思えることがあるからこそ、徹底的に取り組む。私の場合、Sansanが目指すミッションに強く共感したからこそ入社を決め、Sansan Data Hubというプロダクトと全力で向き合い、その結果としてエンジニアとして、成長を実感しています。

人の役に立つプロダクトを生み出すために、そして少しでも世の中を良くするために、ひたすら前に進んでいけたらそれでいい。その道のりの先に、エンジニアとしてのキャリアが自然と見えてくるものだと思っています。

CultureSansanエンジニアのカルチャーについて

RecruitmentSansanエンジニアの採用について