ちょっとのきっかけで変えられる。 子育てママと私たちの共通点

Columns
2021/07/20
こんにちは。Eight事業部の堀江です。私たちが「ちょっと で もっと for ママ」という「よいこ for CSR」の活動を始めてからちょうど1年半になります。今回は、先日開催したセミナーに加え、これまでの活動を振り返り、この活動を通じて私たちが出会ってきた「変化や気づき」をご紹介します。

よいこ for CSR

Sansanには、「より良いコミュニティー」を作るために社員自ら部活動を企画し、実施していく「よいこ」という制度があります。よいこ for CSRは、社会貢献と社員同士の交流による生産性向上を両立したCSV活動として、社員が企画・実施するCSR活動をサポートする取り組みです。

CSV(Creating Shared Value)

「共通価値の創造」を意味する言葉です。事業活動を通して社会的な課題の解決に取り組むことで、企業として経済的な価値を創造しながら、同時に社会的な価値も創造するという考え方です。


CSR活動
「ちょっと で もっと」とは

私たちがCSR活動の取り組みを始めたのは、仕事と子育ての両立や、やりがいを求める中で「モヤモヤ」した経験や、ちょっとのトライで乗り越えた経験がきっかけでした。

正解は分からないけれど、「まずは活動してみよう!」 と、さまざまな方にご協力いただき、これまでに以下の活動をしてきました。

社内のママによる座談会

・社内の育休復帰ママ向けオンラインランチ会

社内外の子育てママに向けたセミナー

今回は、セミナー参加者に体験していただいた「ちょっと で もっと」の感想をお届けします。


セミナー参加者の中から実際に
「ちょっと で もっと」を
体験していただきました

今回、セミナーに参加していただいたのは、Sansan株式会社に勤めていない子育て中のママたち。彼女たちが「ちょっとでもっと楽になれる」かもしれない。そうでなくても、なにかの気付きとなる経験になればうれしい、そんな思いで実行した体験企画です。

今回、用意したのは、Sansanの「KISS」という社内制度を活用している社員が多い、以下3つのサービス。

KISS(KIds Sitter Support)

メンバーが仕事にコミットするために、その家族の育児をサポートするための制度です。例えば子供のいる社員が仕事に集中するためにベビーシッターを利用した場合、一定額の補助を受けられるなどのサポートがあります。

料理代行
自宅のキッチンでお料理を作ってくれるサービス。仕事を終えてから子どもを寝かしつけるまで時間の無い中で夕飯作りをする時間を効率的に。

ベビーシッター
ベビーといっても、シッターさんによって幅広い年齢と内容で対応可能。繁忙期だけのスポット利用もおすすめ。

家事代行
家事代行は料理の他に、掃除・片付け代行も可能。自分でもできるけれど全部をいつもきちんとやるのはとても大変。そんな家事全般を代行してもらえます。

お声掛けした3人のママに体験していただいたのは、皆さんが今までに使ったことがなかったサービス。使う前と、使った後の感想を聞きしました。


育休復帰2年目。3歳と0歳5ヶ月のお子さんを子育て中「料理代行」を依頼したAさん

image1 - ちょっとのきっかけで変えられる。 子育てママと私たちの共通点

料理代行にどんなイメージをお持ちでした?

割高なイメージを持っていました。

実際に使ってみた感想を教えてください。

マッチングで良い人が見つかり、2時間でも10品程作ってもらえるので、今後は定期的に依頼する予定です。作り置きをしてもらって、一週間弱メニューを考えなくてよくなるのは本当にストレスレスなので、仕事の繁忙期だけでも検討をおすすめします。


育休復帰4年目。6才と4才のお子さん2人を子育て中「ベビーシッター」を依頼したBさん

image2 - ちょっとのきっかけで変えられる。 子育てママと私たちの共通点

利用するまでベビーシッターにはどんなイメージをお持ちですか?

仕事がとても忙しく、手が足りない方が利用する、万が一のセーフティーネット的なイメージ。何とか家庭が回っている(シッターさんがいなくても子どもの送迎や育児が家族間で完結できる)家には贅沢なのかも、と思っていました。

実際に使ってみた感想を教えてください。

一番良かったことは、私自身の気持ちに余裕が生まれたこと。平日は仕事、休日はワンオペ育児で気持ちがいっぱいいっぱいになっていたのが解消されました。


育休復帰2年目。3才のお子さんを子育て中家事代行(料理代行・掃除/片付け代行)を依頼したCさん

※今回の掃除/片付け代行は、「コンサルティング型の片づけ支援サービス」を利用

image3 - ちょっとのきっかけで変えられる。 子育てママと私たちの共通点

「コンサルティング型の片づけ支援サービス」を利用するまで、どんなイメージをお持ちでしたか?

バリキャリママや、生活にゆとりのあるママが、より豊かな生活の為に利用するイメージ。

実際に使ってみた感想を教えてください。

・料理代行
1週間分の作り置きをお願いしたのですが、毎日の献立を考えずに済むというストレスフリー! お米を炊くだけで、おかずがある安心感。夕方からの時間と気持ちに余裕が生まれて、優雅な午後を過ごせました。

・掃除/片付け代行
片付けと収納の「考え方」を知ることができました。でも、当たり前ですが、結局は自分で決める&やるしかないこと。そのための時間を捻出する必要がある、ということも実感しました。


3人に共通していたのは、使う前「うちには贅沢なのではないか」「もっとバリバリ働いている、または困っている家庭が使うものなんじゃないか」というイメージ。

しかし、実際に試していただくと「これからも使ってみます」「気持ちに余裕が生まれました」「安心できました」というポジティブな感想が寄せられました。そして、「今回利用したサービスを友人に勧めたいと思いますか?」という質問に対しては、3人とも「Yes」という回答でした。

特別な家庭のためのサービスではなく、活用することで気持ちが楽になる、費用対効果も考えて今後も使う価値がある、ということを実感いただけたようです。

一方で、「夫の交渉が大変でした」「周りのママにも勧めましたが、パパからの反対が……」「外注するにも、探して発注するのは、私がやるしかないので」という感想もいただきました。

家庭内のことや、子育てのことって、自分の気持ちだけで変えていいのか、迷いますよね。でも、「外注には頼るほどではないんだから頑張らなくちゃ!」と考えて、余裕がない中で毎日頑張っているママが、ちょっとの変化で気持ちに余裕が持てるなら、試してみる価値は大きいと思いました。


「ちょっと で もっと for ママ」の活動で
見えたこと

image4 - ちょっとのきっかけで変えられる。 子育てママと私たちの共通点

これまでの活動やリアルな声を通して、自分なりのちょっとにトライしてみる大切さや、誰かがそっと背中を押してあげる制度や環境があると、また違った景色が見えてくることに気付きました。

このレポートを読んでくださった方にとっても、前に一歩を踏み出すきっかけになるとうれしいです。

関連記事

text: Eight事業部 堀江真希

Pick Up