入社後のホンネ 07[技術本部 研究開発部 Automationグループ 王 汗欽]

Columns
2022/09/21

入社から少し時間が経ったメンバーに、Sansanの入社についてホンネを聞き出す当企画。今回は、応募時と入社後の業務内容のギャップが一番の不安だったと語る王に、ホンネで話してもらいました。


自分が成長し、貢献できていることを日々実感

現在どんな業務をしていますか?

営業DXサービス「Sansan」のOCR技術の精度をさらに高め、運用コストを下げるための研究開発をやっています。

前職、現在を比較して、ご自身のエンジニアリングにはどんな変化がありましたか?

前職では半分ぐらいの割合でマネージメントと開発業務を対応していたので、キャリアパスのイメージが想像しづらいと感じていました。Sansanでは、自分に与えられた業務に最大限専念でき、与えられた業務自体にもやりがいを感じています、日々少しずつ自分が貢献でき、知見を広められていることも感じてます。

Sansanへ入社する前に不安に感じていたことと、その不安が取り除かれたきっかけや出来事があれば教えてください。

入社前に一番不安に思っていたことは、実際の業務内容が入社前に想定していたものよりズレることです。入社後、チーム内で与えられたタスクとオンボーディングが整っていて、心配していたズレを感じることはありませんでした。

入社後、Sansanライフの中で印象に残った出来事を教えてください。

色んな知見を持っている人たちが周りにいるので、毎週行っている「テックトーク」という対話の時間ででいろんな新しい知識を吸収できます。

入社前と後で、Sansanエンジニアに対するイメージは変わりましたか?

前職で、Sansanの研究の技術力を多少は聞いていました。ただ、入社後に知ったのは、研究の技術力だけではなく、インフラ、コード管理など、資産化することなどがきちんと進んでいることを知り、さらに驚きました。

入社して少し時間がたったいま、これからSansanエンジニアとして挑戦したいことを教えてください。

OCRの精度向上、またはコスト削減すること。研究のため標準化する評価ツールの作成に挑戦していきたいと思っています。

Sansanで開発するからこそ、得られる経験や知見は何だと思われますか。

それぞれの強みと知見を活かしてこそ、プロダクトがより良くなっていくということです。

Sansan技術本部 募集ポジションの情報を公開しています

bnr mimi - 入社後のホンネ 07[技術本部 研究開発部 Automationグループ 王 汗欽]

技術本部で募集しているポジションについて、各職種の情報から関連記事、概要やミッション、技術スタック、社内制度に至るまで網羅しています。Sansan技術本部の各ポジションをより具体的に知りたい方はぜひご覧ください。

技術本部採用情報はこちら

text&photo: mimi

Pick Up