Culture社内制度について

  • スキルアップ

    Geek Seek
    エンジニア職や研究開発職、デザイナーなどのメンバーは、知識の習得や業務効率向上にかかる費用が補助されます。例えば、書籍は年5万円、ハードウエア、ソフトウエアは合計年5万円まで必要なものを自由に選んで購入できるほか、有料イベントの参加費用なども対象です。
    クリエイティブ力を高めるための社内制度「Geek Seek」
  • コミュニケーション

    Know Me
    異なる業務に当たっているメンバーが三人一組で飲み会やランチをすると、飲食費が補助されます。互いの業務内容やどのような考えを持っているのかを話しながら、気軽に社内交流を図ることができます。お酒を飲まないメンバーにも利用されている制度です。
    部門を越えたつながりを生む社内制度「Know Me」
  • スキルアップ

    Geek Seek Plus
    採用ホームページや社員の紹介から直接弊社の採用に応募いただいたエンジニア・クリエイターを対象とした費用補助制度です。入社時の業務環境整備のサポートをすることで、入社直後からよりよい環境で仕事に取り組めるようにすることを目的としています。
    業務環境を整えるための入社時支援制度「Geek Seek Plus」
  • 働き方

    H2O
    自宅の最寄り駅が表参道駅または渋谷駅から2駅以内の場合に、家賃にかかる費用の一部として補助が受けられます。通勤のストレスを減らして「生産性を維持したい」「もっと業務に向き合いたい」という声に応えて始まった制度です。
    通勤のエネルギーを業務へ!近隣住宅補助制度「H2O」
  • 働き方

    SCOP
    中途入社者向けに、入社後すぐに行われる5日間のオンボーディングプログラムです。Sansan Culture Onboarding Programの略で、Sansanの企業理念からカルチャー、プロダクトやブランディングまで、現場配属前の疑問や不安を解消するために実施しています。
    中途入社向けのオンボーディングプログラム「SCOP」
  • 働き方

    M2O
    新卒のメンバーが入社時に表参道駅または渋谷駅から2駅以内に引っ越した場合、新生活を始めるための費用として一律で33万円が支給されます。新生活にかかる費用を会社が一部負担することで、より良いスタートダッシュが切れるように後押しします。
    新卒メンバーのスタートダッシュを後押し。引っ越し費用補助制度「M2O」
  • コミュニケーション

    よいこ
    メンバーが自発的に企画、実施する「社内部活動」を後押しします。活動を通して、他部門のメンバーと楽しみながら交流することで、業務でも声を掛けやすくなり、連携も取りやすくなります。参加条件はなく、複数のグループに参加することもできます。
    メンバーがつながり活動する社内制度「よいこ」とは?
  • コミュニケーション

    コーチャ
    ビジネスコーチの専門資格を持つメンバーから、1対1でコーチングを受けられます。自身に向き合い、抱える課題が明確になることで、解決に向けた具体的なアクションを取れるようになると好評です。社内コーチだからこそ、業務に関わる話もスムーズに相談できます。
    メンバーの可能性を引き出す社内制度「コーチャ&コーチャチーム」
  • 働き方

    Oyaco
    小学校6年生までの子どもがいるメンバーを対象にした、仕事と子育ての両立を後押しする制度です。ベビーシッターや学童保育、家事代行といった子育てをサポートするサービスの利用や、子どものワクチン接種などに対して、毎月一定額の補助が受けられます。
  • スキルアップ

    Ocean
    グローバルでの事業成長を後押しするための言語学習を支援制度です。英会話のレッスン費や受検料、英語学習に必要な雑誌・アプリなどの購入費などが対象です。また、日本語学習に意欲がある外国籍社員は、日本語能力試験の受験料や日本語レッスン代の補助を受けられます。
    言語学習支援制度「OCEAN」をアップデートしました
  • コミュニケーション

    社会人博士課程支援
    働きながら博士号の取得を目指す研究員を対象に、特別休暇の支給などの支援を行います。経済的、時間的な支援を通じ、業務と社会人博士課程の両立を後押しします。
  • スキルアップ

    ななはち
    「7人8脚」とは、部門を横断してMissionの実現に向けて前進している組織を表した独自の言葉です。この数字の7と8からネーミングしたこの制度は、新入社員と先輩社員の2on1をリレー形式で3回実施します。

RecruitmentSansanエンジニアの採用について