名刺アプリ「Eight」Members Interview

挑戦できる環境がSansanにはある。成長を続けて、新しい景色を見たい。

技術本部 Mobile Applicationグループ
河辺 雅史

入社年:2018年

2018年、Sansan株式会社に新卒として入社。名刺アプリ「Eight」のiOS版開発に従事し、Eight iOSの機能開発・改善を行う。Eightをビジネスプラットフォームにするべく、日々奮闘している。

名刺アプリ「Eight」のiOS版の開発に従事している河辺雅史。柔らかな物腰ながらも、胸の奥に熱い思いを秘める彼は、常に成長することに貪欲であり続けてきました。「エンジニアとして、より難易度の高いプロジェクトに挑戦していきたい」と語る、河辺が見据える未来とは?

開発レビューでいただいたコメントはエンジニアの財産

Sansanに新卒で入社して、今年で4年目になります。携わった仕事を振り返ってみると、私は本当に環境に恵まれていたなと思います。大変ではあるけれど、壁を乗り越えることで自分自身の成長につながるようなプロジェクトをいくつも担当してきました。

特に印象深いのが名刺アプリ「Eight」のiOS版のメジャーバージョンアップを行ったプロジェクトです。このプロジェクトでは、iOS版の機能や画面構成などを大きく刷新しました。当時の私はまだ新卒1年目。正直なところ、まだまだエンジニアリングのスキルは未熟でした。

自分なりに一生懸命にコードを書いてPull Requestを出すと、レビューで先輩エンジニアたちからたくさんのコメントをもらいました。それが、当時の私には本当にありがたかったです。私は常々、レビューで得たコメントはエンジニアにとっての財産だと思っています。

コメントの内容を確認することで、今の自分にどのような領域の知識が足りていないのかがわかります。レビューで受けた指摘を、着実に自分の糧にしたいと考え、仕事の後や休日に勉強をしていました。

成長を実感しはじめたのは、2年目になってからです。徐々にPull Requestで他のメンバーから指摘を受ける量が減ってきました。自分自身の勉強が報われた気がして、エンジニアとして働くのが本当に楽しくなってきました。

大規模プロジェクトをリードできるようなエンジニアへ

私たちが開発する名刺アプリ「Eight」は、スマートフォンで名刺を撮るだけで情報を正確にデータ化し、人と人とのつながりから新たな価値を創出するサービスです。私たちは「どのような機能があればユーザーに最大限の価値を提供できるのか」をいつも考えながら、開発を続けています。

サービスに盛り込む機能には、世の中の潮流や人々のニーズの変化が反映されることも多いです。その好例が、昨年にリリースしたQRコードを活用したオンライン名刺交換。新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で、人々が対面で会う機会が少なくなり、オンラインでのコミュニケーションの機会が増えました。対面で名刺交換が行われなくなることで、本来ならば「Eight」が創出できていたはずの価値を、ユーザーに提供できなくなってしまうかもしれない。可能な限り、その事態を避けたいと思いました。

自分たちに何かできることはないかと考えた結果、QRコードを活用したオンライン名刺交換機能が生まれました。これはオンライン商談や会議で使用されるバーチャル背景に、オンライン名刺のQRコードを組み込んだものです。今では多くの方々が、オンライン商談や会議の場で名刺のやりとりをしています。これまでの「Eight」の“当たり前”にとらわれず、斬新な機能を開発できた。その結果として、世の中に新たな価値を提供できたことに、エンジニアとして大きなやりがいを感じました。

Sansanは挑戦できる環境が整っている会社です。先ほど1年目に経験したプロジェクトの話をしましたが、そこから現在に至るまで、常に挑戦の連続でした。その積み重ねで、一歩ずつエンジニアとして成長することができたと思います。いつかは、大規模なプロジェクトを自分自身の力でリードできるようなエンジニアになりたい。周囲の人々に良い影響を与えられるような仕事がしたい。まだまだ、学びたいことや、やりたいことは山ほどあります。

CultureSansanエンジニアのカルチャーについて

RecruitmentSansanエンジニアの採用について