ENTRY

Sansan
SUMMER
INTERN
2020

エンジニアとして事業に向き合う、
実務体験型有給インターン

About

Sansan株式会社のインターンは、単に技術的知見をインプットするだけの学習機会ではありません。私たちが掲げるミッション「出会いからイノベーションを生み出す」を実現するため、日々現場のエンジニアたちが向き合っている業務に共に取り組み、メンバー同様のアウトプットを出すことにコミットしていただきます。

CTO Message

インターンで得られる、
真の成長とは

私たちは、技術はあくまでも手段であり武器だと思っています。その武器を磨くこと、使える武器を増やすことではなく、その武器を使って戦うことにこそ真の成長があります。日常では経験できないエンジニアとしての成長機会に私たちも共にコミットします。

Sansan株式会社 執行役員 / CTO藤倉 成太

Program

下記部門の一員として、コードレビューやフィードバックなど、現場のエンジニアからアドバイスを受けながら、一通りの実務を体験していただきます。

Sansan事業部
プロダクト開発の現場で実務経験をするインターンシップです。クラウド名刺管理サービス「Sansan」のサーバーサイド、もしくはモバイルのチームに入り、担当案件リリースを目標に取り組んでいただきます。
Eight事業部
名刺アプリ「Eight」を開発する複数のサーバーサイドチームいずれかに入り、実務を経験します。ユーザー向け/企業向け機能の新規機能開発・改善または、大規模基盤のパフォーマンス改善・新技術スタックの導入などに取り組んでいただきます。
DSOC
DSOCはSansan株式会社のデータ統括部門です。名刺、書類、業績や株価といった企業の公開情報など、あらゆるビジネスデータから「出会いのデータベース」を構築。Sansan・Eightのコアとなる価値を提供することをミッションとしています。その開発現場に入り、サービスの改善に向き合っていただきます。
新規事業開発室(関西支店)
新規事業開発室は新たなサービスをつくる部門です。立ち上げに向け試行を重ね、価値ある事業をスタートさせる開発チームの一員になっていただきます。リリースを目指し、開発を中心に、企画なども含めた領域まで、横断的な業務を体験できます。
interview image

Intern Interview

interview image

今だから言える学生とメンターの本音。
サマーインターンで得られるものとは。

Sansan株式会社のサマーインターンを経験し、2019年にエンジニアとして新卒入社した長谷川陽平と、当時メンターを担当した中川泰夫が、それぞれの立場で感じたSansanのサマーインターンについて語ります。

インタビュー記事を読む

Outline

新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、インターンシップの内容や実施方法の変更、またはインターンシップが中止となる場合があります。

実施期間
2020年7月下旬〜9月上旬のうち
1カ月、もしくは2週間
実施場所
Sansan事業部、Eight事業部
表参道本社
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-52-2
青山オーバルビル
DSOC
Sansan ONE
〒107-0061
東京都港区北青山3-5-29
One表参道 6F
新規事業開発室
関西支店
〒530-0004
大阪府大阪市北区堂島浜1-4-19
マニュライフプレイス堂島 3F
報酬
日当あり、交通費支給
遠方から参加される方はマンスリーマンションを手配いたします。
応募条件
必要な条件/経験
2022年以降に卒業を予定されている高専生、専門学生、大学生の方
アプリケーションを1つ以上作成した経験、または継続してプログラミングの学習をしてきた経験
Sansan事業部(サーバーサイド)
C#を用いた開発経験
Eight事業部
Railsを用いた開発経験
DSOC
Railsを用いた開発経験
望ましい経験/スキル
Sansan事業部(モバイルアプリ)
Swift/Kotlinを使用したiOS/Androidアプリ作成経験
Eight事業部
AWS利用経験、
Reactを用いた開発経験
(配属チームの選択肢が広がります)
応募締め切り
6月19日(金)19:00まで
ENTRY