Eight

DXリーダー育成イベント「DX CAMP 2023 for Enterprise」を開催
〜過去最大となる4日間、6部構成でDXの本質を短期で学ぶ〜

Sansan株式会社が提供するキャリアプロフィール「Eight」は、次世代のDXリーダー育成とネットワーク構築を目的とした参加型イベント「DX CAMP 2023 for Enterprise」を開催します。本イベントは、DXを推進する大企業の部長職以上の役職者を対象に、2023年5月23日(火)から2023年5月26日(金)まで過去最長となる4日間にわたってオンラインで実施します。

■「DX CAMP 2023 for Enterprise」について
世界中でデジタル化が進み、テクノロジーが社会を変化させている近年。DX推進は、企業が事業成長するために欠かせない取り組みとなっています。しかし総務省の「情報通信白書」によると(※1)日本企業の約7割はDXの課題として「人材不足」をあげています。また「デジタル技術の知識・リテラシー不足」に課題を抱える企業も多く、人材の獲得や育成が企業のDX推進の鍵を握っていることがうかがえます。

Eightは、企業のDX推進を後押しするべく、次世代のDXリーダー育成や、DXリーダーたちのネットワーク構築を目的にした参加型イベント「DX CAMP」を開催しています。DXを推進するためには、「本質的なDX」への理解を深めるとともに、考え方やリアルな体験・事例をインプットしていくことが重要と考え、2021年から大企業や地方企業を対象に定期開催しています。昨年開催した「DX CAMP 2022 for Enterprise」では、1000名以上のビジネスパーソンが参加し、多くの参加者から好評を得ています。

今回の「DX CAMP 2023 for Enterprise」では、DX戦略の立て方やDXを推進するための壁の乗り越え方、サイバーセキュリティについてなど、全6部構成で実例を交えながら紹介します。

初日に開催する第1部のテーマは「Plan~DX戦略の立て方~」。批評誌『PLANETS』、『モノノメ』編集長 宇野 常寛氏やカルフォルニア大学 サンディエゴ校 グローバル政策・戦略大学院 教授 ウリケ・シェーデ氏の基調講演をお届けします。

2日目の第2部では、「Execution ~DX推進の壁と乗り越え方~」をテーマに、サントリーホールディングス株式会社 代表取締役社長 新浪 剛史氏が「デジタル時代における変革リーダーのあり方」について語ります。

3日目は、第3部「顧客視点のDX 戦略 ~CX(顧客体験)を起点に事業変革に挑む~」と第4部「DX時代に求められるゼロトラストセキュリティ」をテーマに開催します。かげこうじ事務所 代表/エステー コミュニケーションアドバイザー 鹿毛 康司氏と日本電気株式会社 井手 伸一郎氏が、CXやマーケティングとDXの関係について対談形式にてお話しします。

そして最終日は、第5部「ものづくりDX 挑戦ケーススタディ」と第6部「金融DX 挑戦ケーススタディ」をテーマに製造業と金融業がDXを実現するために取り組んでいる、実体験を踏まえた事例を紹介します。

さらに、インタラクティブなコミュニケーションの機会として、登壇者や参加者同士のオンライン名刺交換が可能なことに加え(※2)、一部のセッションでは、登壇者へ直接質問をお送りいただけます。

Eightは、今後も「DX CAMP」の開催を通じて、次世代のDXリーダーの育成や、ネットワーク構築をサポートしていきます。

■「DX CAMP 2023 for Enterprise」開催概要
イベント名称:DX CAMP 2023 for Enterprise
開催日時:
・2023年5月23日(火) 10:00-17:30予定
・2023年5月24日(水) 10:00-18:00予定
・2023年5月25日(木) 10:00-18:30予定
・2023年5月26日(金) 10:00-18:00予定

開催形式:オンライン配信
参加対象:従業員1000名以上の大企業に所属される部長職以上の方で、かつDX推進を目的とされる方
参加定員:1000名
参加費用:無料
参加方法:特設サイトよりお申し込み
特設サイト:https://dxcamp-evt.com/202305/

登壇者:52名が登壇予定。主な登壇者は以下の通り(一部抜粋・順不同)
そのほかの登壇者や各セッションの詳細につきましては、特設サイトをご覧ください(※3)。

・サントリーホールディングス株式会社 代表取締役社長 新浪 剛史氏
・ルブリスト株式会社 代表取締役/日揮ホールディングス株式会社 元副会長 川名 浩一氏
・株式会社PLANETS 批評誌『PLANETS』、『モノノメ』編集長 宇野 常寛氏
・パナソニック ホールディングス株式会社 執行役員 グループCIO/
 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社 代表取締役社長 玉置 肇氏
・カリフォルニア大学 サンディエゴ校 グローバル政策・戦略大学院 教授 ウリケ・シェーデ氏
・かげこうじ事務所 代表/エステー コミュニケーションアドバイザー 鹿毛 康司氏
・日本電気株式会社 トランスフォーメーション デザインオフィス 統括部長/
 NECマネジメントパートナー株式会社 非常勤取締役/グロービス経営大学院 専任教授 井手 伸一郎氏
・フジテック株式会社 専務執行役員 デジタルイノベーション本部長 友岡 賢二氏

※1:総務省「情報通信白書 令和4年版」(2022年7月)
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r04/pdf/01honpen.pdf
※2:一部講師はオンライン名刺交換の対象外です。
※3:2023年3月29日時点の情報です。今後変更になる可能性があります。

(以上)

■名刺管理に、転職に「Eight」
Eightは、名刺管理やキャリア形成に活用できるキャリアプロフィールアプリです。2012年の提供開始以来、ビジネスパーソンのライフタイムに伴走し、300万人を超えるユーザーに利用されています。ユーザーは、自分の名刺を登録することでオリジナルのプロフィールが作成され、自身のキャリアを情報として蓄積することができます。また、キャリアアップにつながる学びの機会や、キャリアチェンジにつながる企業との出会いの機会などを得ることができます。さらに、名刺交換した相手の名刺を登録することで、これまで培ってきた人脈を管理できるとともに、Eight上でつながることで異動や昇進などの情報を共有し合うことができます。

■Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、働き方を変えるDXサービスを提供しています。主なサービスとして、営業DXサービス「Sansan」やキャリアプロフィール「Eight」、インボイス管理サービス「Bill One」、契約DXサービス「Contract One」を国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日
URL:https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:65億11百万円(2022年11月30日時点)
事業内容:働き方を変えるDXサービスの企画・開発・販売
Sansan  https://jp.sansan.com/
Eight  https://8card.net
Bill One  https://bill-one.com
Contract One https://contract-one.com

■報道関係のお問い合わせ
Sansan株式会社 ブランドコミュニケーション部
Mail: pr@sansan.com

コーポレートおよび各プロダクトに関する主な素材データは、下記よりダウンロードしていただけます。
https://jp.corp-sansan.com/inquiry/presskit