クラウドによる名刺中心型CRM&SFAを展開するSansan、学生の就職支援や成長機会の提供を目的に『Microsoft 学生就職応援プログラム』への参加を表明 | Sansan株式会社

すべて

お知らせ

クラウドによる名刺中心型CRM&SFAを展開するSansan、学生の就職支援や成長機会の提供を目的に『Microsoft 学生就職応援プログラム』への参加を表明

2007年設立以来、学生向けインターンシップを積極的に実施

 Sansan株式会社は、2007年の設立来、学生のインターンシップを積極的に実施している。 その理由として、経営管理本部の千住 洋氏はこう語る。「海外に比べ、日本では学生時代に直に企業活動に触れられる機会が非常に少ない。もっと実際の就業経験を積める機会があれば、入社後のミスマッチを防いだり、社会に出ることへのイメージが持てるのではないか。そして企業にとっても、学生時代にある程度就業体験をしてもらうことで、人材を見極め、ミスマッチのない採用を行なうことが出来る。また、何より学生の独自の視点を取り込むことにより、サービスにスパイスを加えることが出来たり、社内が活気づくというメリットも得られる。今後もより多くのインターン生を受け入れる機会を創出したい。」

 現在、Sansan株式会社では独自のインターンシッププログラムを企画し、積極的に学生の受け入れを行なっている。「Sansanという、新たなビジネスにチャレンジするベンチャーの中で、学生の立場ではなかなか体験することの出来ない新規開拓営業体験、新規事業企画体験、システム開発体験などのプログラムを通じて、多くの成長機会を得てもらいたい」。(千住氏談)。

今期初「Microsoft学生就職応援プログラム」に参加決定

 そんな中、今期初の試みとしてマイクロソフト社が主催する「Microsoft学生就職応援プログラム」(http://www.microsoft.com/japan/academic/camcom/s2b/default.mspx)への参加を決めた。これは、Sansanが今年8月に行なわれたマイクロソフト社主催の『Microsoft Innovation Award 2009』において優秀賞を受賞し、マイクロソフト社のパートナー企業となったことがキッカケ。

 参加を決めるに至った理由として、マイクロソフト社の業務執行役員最高技術責任者である加治佐俊一氏の語った「ひとつの技術に特化するよりも、様々な分野の学問とつながることが求められている。パートナー会社を通じて、業界の様々な職種を体験し、IT活用やIT業界で働く魅力を感じる仕組みを提供したい。さらに将来のIT産業を担う人材育成をサポートすることで、学生に大きく育ってほしいと考えている。マイクロソフトが学生一人一人を手厚くサポートするのではなく、あくまでも主役は学生であり、学生の自主性を支援するものになる」という主旨に賛同したことが大きい。自社での企画のみならず、今後もこういった取り組みには積極的に参加していく方針である。

参考資料

【Sansan株式会社について】http://www.33i.co.jp/index.html
 Sansan株式会社は、「名刺をビジネスの資産に変える」というコンセプトのもと、企業向けに クラウドサービス『Link Knowledge(リンクナレッジ)』を基幹事業として展開しています。 
 リンクナレッジは、ビジネスの起点である名刺をWEBクラウド上でデータベース化し、人脈を可視化することにより営業管理や情報共有、マーケティング等につなげビジネスの可能性を広げることを目的としています。ビジネスにおける人との”出会い”は、名刺交換から始まります。そして名刺は、これだけIT化が進む世にあって未だに紙です。Sansanでは「出会いの証」である名刺を、企業発展のビジネス資産に変えビジネスチャンスとソリューションの提供を行ないます。 
 世界でも類のないこのビジネスモデルで、新たな市場創造を目指します。

【関連市場動向について】
 Sansanは2007年10月のサービス開始から名刺クラウド市場の創造を目指し、現在300社を超える企業にご利用頂くまでになり、初期段階の市場が形成されつつあります。

【Link Knowledgeについて】https://jp.sansan.com/index.html
 名刺SaaS「Link Knowledge」は、名刺をビジネス活動における重要なログと位置付け、名刺管理はもとより、名刺中心型のCRM&SFAを実現するSaaS型新世代ソリューションです。「WEBアプリケーション」のみならず「スキャナ機器貸与」「名刺データ入力処理」をセットにすることで、ソリューションの実効性/運用性を高めています。ユーザーよりスキャナから送られてくる名刺情報をオペレーターが二重入力することで、100%の精度でデータベース化。日常的な名刺管理を入口に、組織としての情報共有、顧客管理、営業管理を実現します。また、モバイルとも連動しており、即時性が求められる人事異動情報、ニュースの配信まで実装しています。

Sansan・Link Knowledgeの主なメディア掲載・受賞履歴

■2009/3/13:新進気鋭の企業が集う「Tech Venture 2009」で審査員特別賞と準グランプリをダブル受賞(http://www.33i.co.jp/news/090316.html

■2009/8/25:マイクロソフト主催の”Microsoft Innovation Award 2009″にて優秀賞を受賞(http://www.33i.co.jp/news/090825_2.html

■2009/10/30:IPA主催の「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー 2009」を受賞(http://www.33i.co.jp/news/091030.html

*その他メディア掲載履歴については、以下から参照できます。
http://www.33i.co.jp/news/media.html

本ニュースのPDFはこちら (150KB)

■本件に関するお問い合わせ先

Sansan株式会社 http://www.33i.co.jp/index.html
住所:〒102-0081 東京都千代田区四番町4番地 日本染色会館4階
マーケティング部(担当:日比谷)
TEL:03-6821-0033、FAX 03-6679-6945、メール:inquiry@33i.co.jp
※TwitterにてLink Knowledgeの最新ニュースを配信しています。
http://twitter.com/linkknowledge