Sansan

株式会社ニッセンが顧客情報の一元化を目的としてクラウド名刺管理サービス「Sansan(旧 Link knowledge)」を導入
– 社内人脈を可視化して営業機会を拡大へ -【株式会社ニッセン】

通信販売大手の株式会社ニッセンが顧客情報の一元化を目的としてクラウド名刺管理サービス「Sansan(旧 Link knowledge)」を導入したことを2013年6月13日付で発表いたします。

■属人的な名刺管理に危機感
通信販売大手のニッセンでは、通信販売業界で長年培ってきたノウハウを活かしたBtoBサービスを提供する法人営業も行っていますが、名刺管理や見込み顧客の管理が営業一人ひとりに任されており、顧客接点が組織として可視化できていないことで、機会損失につながっているのではないかという懸念を持っていました。

■名寄せも自動 メンテナンスフリーの顧客DB
名刺を専用端末でスキャンするだけなので、営業現場に負担なく導入が可能なこと、また、名寄せも自動で行われるため、最新の顧客情報がメンテナンスフリーで構築できることが導入の決め手となりました。

■拠点間で人脈共有して売上最大化を目指す
東京・京都・福岡と三都市にある拠点間で顧客情報を共有することで業務が効率化されること、また、社内人脈が可視化されることで接点を活かした営業力を強化でき、売上の最大化につながることが期待されます。

Sansanは今後もクラウド名刺管理サービス「Sansan」の提供によってお客様の収益増加に貢献してまいります。

※ ページ上の内容は2013年6月時点の情報です。

[社名] 株式会社ニッセン
[事業内容] 婦人服を中心とした衣料品、インテリア雑貨、和装品などのインターネット・カタログ通信販売 婦人服の店舗販売 通販ノウハウを活かしたビジネスサポート事業
[設立] 2007年6月21日
[URL] http://www.nissen.biz/