Sansan株式会社

JP / EN
一覧 ▲

News 一覧を見る

News Release

Data Strategy & Operation Center
名刺総研

Media

一覧 ▼

News Release

2017/09/25
Corporate

クラウド名刺管理Sansan、新たなデータ連携アプリケーションを AppExchange上で今秋より提供予定 〜データ連携をさらに強化し、営業のパフォーマンスを最大化〜

ac37fbff8b4aaa073d5390609b5a85251b539849 2 - クラウド名刺管理Sansan、新たなデータ連携アプリケーションを AppExchange上で今秋より提供予定 〜データ連携をさらに強化し、営業のパフォーマンスを最大化〜

 Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘)は、同社が提供する法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」(以下、Sansan)において、セールスフォース・ドットコムが提供するアプリケーションマーケットプレイス「AppExchange」上で、データ連携アプリケーション (以下、連携アプリケーション)を提供することを発表します。

これにより、SansanとSalesforceのアカウントを持つユーザーは、AppExchange上で連携アプリケーションを入手するだけで、すぐにSansanとSalesforceとのデータ連携を開始できます。連携アプリケーションの提供は今秋を予定しています。

 この度、SansanはSalesforceユーザとのデータ連携の価値を最大化するために、従来のデータ転送のみのAPI連携に加え、AppExchange上から専用の連携アプリケーションを提供します。これにより、両サービスのアカウントを持つユーザーは、AppExchange上で連携アプリケーションを入手するだけで、すぐにSansanの名刺データをSalesforceサービスから活用することができるようになります。連携アプリケーションは無料で利用でき、今秋の提供を予定しています。

 新たな連携アプリケーションは、Sansanのデータベースに格納されている名刺データを、Salesforce内の「リード」情報、「取引先責任者」情報と連携させると同時に、Sansanに取り込んだ名刺データをSalesforce上から確認できます。ユーザーのデータ入力の手間を省くとともに、企業内すべての顧客接点を活用した営業活動を行うことが可能になります。

 あらゆる企業のビジネスインフラとして全社導入が加速するSansanと、世界シェア首位を誇るSalesforceの連携アプリケーションを活用することにより、営業のパフォーマンスが最大化し、企業のさらなる競争力強化につながることが期待されます。

他社システムとの連携で営業のパフォーマンスを最大化  

 多くの顧客管理システム(以下CRM)や営業支援システム(以下SFA)において、そのシステムを最大限活用するためには、企業がもつすべての顧客情報を入力する必要があります。ただし、顧客情報のデータ入力や更新は、手動で行われることが多いため、システム上にデータの重複やムラが発生しやすく、すべての顧客情報が正確かつ網羅的に登録されないことがユーザー企業の課題となっていました。

 当社は、2015年10月にSansan Open APIを公開し、CRMやSFAを中心とした他社システムとの連携を本格化。Sansanのデータベースは、名刺をスキャンするだけで独自の仕組みによって顧客情報が常に正確・最新に保たれます。このSansanのデータベースを他社システムに連携させることによって、全社の顧客接点を漏れなく営業資産として活用できるようになり、営業のパフォーマンス最大化につながります。

Sansan×Salesforceの連携実績

 これまでに、公開したAPIを利用してSansanとSalesforceを連携させ、活用している企業は数百社にのぼります。今回の連携アプリケーションの提供により、初年度に1,000社の連携利用を目指します。

名刺を企業の資産に変える

 Sansanは社内にある全ての名刺を集約することで、名刺を"価値ある資産"に変える法人向けクラウド名刺管理サービスです。スキャナーやスマートフォンアプリケーションで読み取られた名刺は、独自のオペレーションシステムによって正確にデータ化され、企業内で共有・活用することができます。2017年7月現在、Sansanは6,000社に導入され、近年ではメガバンクをはじめとする大手企業を中心に、全社導入が増加しています。

 Sansanのソリューションは、全社員で利用することによって、営業活動におけるチャンスの拡大、社員の生産性向上や組織内のコニュニケーションを進化させることにつながります。

 今後も、Sansanは名刺情報の共有・活用を通じて、あらゆる企業のビジネスインフラとして、働き方革新を後押しします。

【参考情報】

・Sansan株式会社 会社概要 
設立:2007年6月11日 
URL: https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金等:46億716万円(うち資本金 31億6,412万円)
事業内容:クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売
法人向け「Sansan」 https://jp.sansan.com 個人向け「Eight」 https://8card.net

・法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」

数名規模から大手まで導入企業は6,000社以上

20170925104727 1 - クラウド名刺管理Sansan、新たなデータ連携アプリケーションを AppExchange上で今秋より提供予定 〜データ連携をさらに強化し、営業のパフォーマンスを最大化〜

Sansanの仕組み

20170925104812 1 1119x720 - クラウド名刺管理Sansan、新たなデータ連携アプリケーションを AppExchange上で今秋より提供予定 〜データ連携をさらに強化し、営業のパフォーマンスを最大化〜

【法人向けサービスに関するお問い合わせ先】 
Sansan株式会社 マーケティング部
フリーダイヤル:0800-100-9933(携帯からもOK/不通の場合 03-6419-3033)
メール:inquiry@sansan.com 
資料請求・お問い合わせフォーム https://jp.sansan.com/form/inquiry

【報道関係のお問い合わせ先】
Sansan株式会社 ブランドコミュニケーション部 広報担当:小池 / 溝野
Mail: pr@sansan.com   Tel: 03-6316-3121  Fax: 03-3409-3133