すべて

お知らせ

【オフィスの大掃除と名刺の管理に関するインターネット調査】 平成最後の年末! 「大掃除はしたいけど、捨てられない」ビジネスパーソンの実態が明らかに 〜捨てられないもの第1位は「名刺」! そんな名刺をすっきり処分する「Sansan名刺納め祭2018」を神田明神で開催〜

KV 767x403 - 【オフィスの大掃除と名刺の管理に関するインターネット調査】 平成最後の年末! 「大掃除はしたいけど、捨てられない」ビジネスパーソンの実態が明らかに 〜捨てられないもの第1位は「名刺」! そんな名刺をすっきり処分する「Sansan名刺納め祭2018」を神田明神で開催〜

クラウド名刺管理サービスを提供するSansan株式会社は、平成最後の年末を前に、「オフィスの大掃除と名刺の管理に関するインターネット調査」を実施しました。

「平成最後」の年末、ビジネスパーソンはオフィスの大掃除についてどう思っているのか。

ビジネスパーソンを対象に、オフィスの大掃除や断捨離についての意向をはじめ、捨てられず困っているものや、日々溜まっていく名刺の管理方法について、オンライン上でのアンケート調査を行いました。

また、この度の調査結果を受け、Sansanは2018年12月5日・6日に、東京の神田明神において、「Sansan名刺納め祭2018」を開催します。イベントの詳細はリリース末尾に記載します。

■「オフィスの大掃除と名刺の管理に関するインターネット調査」おもな調査結果

・平成最後の年末、断捨離や大掃除をしたいと考えているビジネスパーソンは約86%

・オフィスの大掃除の際、7割以上のビジネスパーソンが、「捨てられないもの」があり困った経験がある

・「捨てられず困ったもの」は、「紙の書類」をおさえ「もらった名刺」がトップ

・名刺を捨てられない主な理由は「今後必要になるかもしれない」「名刺交換相手への気遣い」

・7割以上のビジネスパーソンが「簡単にデータ化できれば名刺を捨てられる」と回答

Q1 - 【オフィスの大掃除と名刺の管理に関するインターネット調査】 平成最後の年末! 「大掃除はしたいけど、捨てられない」ビジネスパーソンの実態が明らかに 〜捨てられないもの第1位は「名刺」! そんな名刺をすっきり処分する「Sansan名刺納め祭2018」を神田明神で開催〜

Q2 - 【オフィスの大掃除と名刺の管理に関するインターネット調査】 平成最後の年末! 「大掃除はしたいけど、捨てられない」ビジネスパーソンの実態が明らかに 〜捨てられないもの第1位は「名刺」! そんな名刺をすっきり処分する「Sansan名刺納め祭2018」を神田明神で開催〜

Q3 - 【オフィスの大掃除と名刺の管理に関するインターネット調査】 平成最後の年末! 「大掃除はしたいけど、捨てられない」ビジネスパーソンの実態が明らかに 〜捨てられないもの第1位は「名刺」! そんな名刺をすっきり処分する「Sansan名刺納め祭2018」を神田明神で開催〜

Q5 - 【オフィスの大掃除と名刺の管理に関するインターネット調査】 平成最後の年末! 「大掃除はしたいけど、捨てられない」ビジネスパーソンの実態が明らかに 〜捨てられないもの第1位は「名刺」! そんな名刺をすっきり処分する「Sansan名刺納め祭2018」を神田明神で開催〜

Q6 - 【オフィスの大掃除と名刺の管理に関するインターネット調査】 平成最後の年末! 「大掃除はしたいけど、捨てられない」ビジネスパーソンの実態が明らかに 〜捨てられないもの第1位は「名刺」! そんな名刺をすっきり処分する「Sansan名刺納め祭2018」を神田明神で開催〜
■調査結果の分析(Sansan名刺総研 研究員 長倉紀子)
今回の調査から、ほとんどのビジネスパーソンが、平成最後の年末である今年は、大掃除や断捨離をし例年以上に新たな気持ちで新年を迎えたいと考えていることがわかりました。

その一方で、オフィス掃除の際に捨てられないものがあり頭を悩ませている人も多いこともわかりました。処分に困っているものの1位は「もらった名刺」であるという結果に。理由は、「連絡する時に必要だから・必要になるかもしれないから」がトップでした。捨てられない理由の2位は「相手に失礼だと感じるから」。多くのビジネスパーソンが、名刺をただの紙ではなく、交換相手を投影した特別なものと捉えていることもうかがえました。

「どうすれば名刺を捨てられるか?」の問いには、7割以上の人が「簡単にデータ化できれば捨てられる」と回答しており、名刺を手放すにはデータ化が鍵であることがわかりました。

この度の調査を受け、Sansanは2018年12月5日・6日に、東京の神田明神において、「Sansan名刺納め祭2018」を開催します。
平成最後の年末、「出会いの証」である名刺をクラウドサービスによってデータ化し、1年の出会いに感謝しながら神田明神へ奉納。たまった名刺をすっきりと処分しオフィスの大掃除と断捨離を済ませ、新たな気持ちで新年のビジネスのスタートを切っていただきたいという思いから企画しました。「Sansan名刺納め祭2018」の詳細は、文末に記載いたします。

■調査概要
調査方法:オンライン上でのアンケート調査
調査地域:全国
調査対象:20代〜50代の会社員男女(500サンプル)
調査日時:2018年11月12日〜2018年11月15日
調査企画:Sansan株式会社

「Sansan名刺納め祭2018」詳細
■開催日時 
2018年12月5日(水)6日(木) 9:00 〜 16:00
■会場
神田明神 〒101-0021 東京都千代田区外神田2丁目16-2
http://www.kandamyoujin.or.jp/access/
■イベント内容
イベント期間中、たまった名刺をご持参いただければ、神田明神敷地内に設置されている「御縁箱」に入れ処分することができます。
名刺アプリEightの専用スキャナーも設置されており、ご自由にお使いいただくことが可能。ご持参いただいた名刺をデータ化することができます。
また、神田明神の神職による「名刺祈祷」を1日1回実施します。下記のイベントページに設置している事前登録フォームから申し込みをいただいた方には、当日会場にて、個人向けアプリEightの有料機能を使用できるプレミアムクーポンをプレゼントします。
※一般参加者が持参した名刺は、廃棄委託書にもとづきSansanが専門業者SRI社に委託し安全な環境で廃棄処分いたします。

■イベント詳細・事前登録フォーム:https://jp.corp-sansan.com/meishiosame2018/
※名刺祈祷へのご参加は、事前登録が必須となります。
※名刺持込みのみの場合は、事前登録は必須ではありません。ただし、Eightプレミアムクーポンのプレゼントは対象外となります。

◼︎名刺祈祷 実施時間
 両日とも14:00~(13:30受付開始)
※名刺祈祷への途中参加は不可とさせていただきます。
※名刺持込みは終日受付しております。

(以上)

■Sansan株式会社 会社概要
2007年の創業より法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を開発・提供しています。「Sansan」は「名刺を企業の資産に変える」をコンセプトに、社内に眠る名刺をデータ化し、人と人のつながりを情報として可視化・共有できるクラウド名刺管理サービスです。2012年より個人向け名刺アプリ「Eight」を提供開始。ソーシャルの仕組みを取り入れ名刺をビジネスのつながりに変える新たなビジネスネットワークとして、登録ユーザーは200万人を超えています。

設立:2007年6月11日
URL: https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
事業内容:クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売
法人向け「Sansan」 https://jp.sansan.com 個人向け「Eight」 https://8card.net

■報道関係のお問い合わせ先
Sansan株式会社 ブランドコミュニケーション部 PRグループ 長倉 / 小池 / 石塚
Mail: pr@sansan.com   Tel: 03-6316-3121  Fax: 03-3409-3133