すべて

Sansan

「名刺管理から、ビジネスがはじまる」法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」がリニューアル  〜プロダクトコンセプトが進化、名刺管理を起点としたビジネスプラットフォームへ〜

OGP 767x403 - 「名刺管理から、ビジネスがはじまる」法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」がリニューアル  〜プロダクトコンセプトが進化、名刺管理を起点としたビジネスプラットフォームへ〜

Sansan株式会社は、2019年4月15日に、同社が提供する法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」をリニューアルしたことを発表します。本リニューアルは、2019年3月に開催したSansan事業戦略説明会ならびに、コーポレートイベント「Sansan Innovation Project 2019」にて発表した、「名刺管理から、ビジネスがはじまる」という新プロダクトコンセプトに基づいたものです。

今回のリニューアルを皮切りに、Sansanは、名刺管理を起点とし、企業が抱える様々な課題を解決するビジネスプラットフォームとして、さらなる進化を続けてまいります。

■リニューアルの背景
プロダクトコンセプトの刷新
「Sansan」は、2019年3月にプロダクトコンセプトをこれまでの「名刺を企業の資産に変える」から、「名刺管理から、ビジネスがはじまる」へ刷新しました。

・「名刺のデータ化」が、ビジネスシーンにおいて一般的なものに
Sansanは、名刺をスキャンするだけで、簡単にデータ化し、社外の人脈を社内で共有することができるクラウド名刺管理サービスです。2007年のサービス開始以来、中小企業から大企業、業種業界、官民問わず、さまざまな組織に導入されています。(注1)
Sansanがサービスを提供する以前、名刺管理の方法は、ファイリングやエクセルに入力するものという認識が当たり前でした。サービスの提供開始から導入を拡大し、多くの企業の「働き方の革新」を後押ししてきた結果、今では「名刺をデータ化し、クラウド上で共有する」という行為が、ビジネスパーソンの間で、一般的なものとして認知されています。

・働き方の多様化
昨今、リモートワークや在宅勤務など、働き方や働く場所の多様化が進む中、クラウドサービスは仕事を進める上で不可欠なものとなっており、ビジネスパーソンからの期待は今後より一層高まってくると考えています。

・全社的なインフラとしての活用ニーズの高まり
サービス提供開始当初のSansanは、営業を後押しする名刺管理ツールとして活用されていました。その後、マーケティングソリューションや顧客管理ツールなど、各部門がそれぞれ利用している外部ツールとの連携など、営業のみならず全社的に活用できる機能を備え、進化してきました。これに伴い、契約件数を伸ばし、全社的な導入が進むようになり、現在は企業のインフラとして取り組んでいただいている事例も増加しています。(注2)

以上のことから、「Sansan」は、これまでの名刺管理を起点とし、横断的に企業活動を支える「ビジネスプラットフォーム」へ進化する必要があると考え、プロダクトコンセプトを刷新するに至りました。

今回のリニューアルは、この新たなプロダクトコンセプト「名刺管理から、ビジネスがはじまる」を実現する3つの機能を備え、ビジネスプラットフォームへ進化していくためのものです。

■デザインリニューアル
リニューアルの第一弾として、より使いやすく、親しみやすい、白を基調としたユーザーインターフェースに一新します。また、名刺を取り込むスキャナについてもデザインを一新し、新規のご契約より順次、新デザインのスキャナを提供予定です。

 

(旧画面)

bca338d4d54babf054d75051c45b16b6 1105x720 - 「名刺管理から、ビジネスがはじまる」法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」がリニューアル  〜プロダクトコンセプトが進化、名刺管理を起点としたビジネスプラットフォームへ〜652e9f77447929fbb4a599aef45d4b8d 657x720 - 「名刺管理から、ビジネスがはじまる」法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」がリニューアル  〜プロダクトコンセプトが進化、名刺管理を起点としたビジネスプラットフォームへ〜

(新画面)

3d8fe876ccf83ffa3fd92b69205647bb 1105x720 - 「名刺管理から、ビジネスがはじまる」法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」がリニューアル  〜プロダクトコンセプトが進化、名刺管理を起点としたビジネスプラットフォームへ〜
c9d87b28f68b36876c036d611e46bbd9 657x720 - 「名刺管理から、ビジネスがはじまる」法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」がリニューアル  〜プロダクトコンセプトが進化、名刺管理を起点としたビジネスプラットフォームへ〜
■名刺管理からビジネスがはじまる、Sansanの3つの機能
AI名刺管理
AI+手入力で名刺をほぼ100%正確にデータ化する、最高精度の名刺管理機能です。高度なAI技術により、会社・人物単位で名刺情報を管理できるため、昇進や異動などの人事異動情報も自動で集約。正確な人物データを共有できるので、社内に眠る人脈を全社で有効活用することができます。

同僚コラボレーション
同僚と気軽に連絡できるメッセージ機能や、社内電話帳機能によって、社内の連携をスムーズにし、社員それぞれが有している人脈をすぐにフル活用できます。また、プロフィール機能で同僚の強みを把握できるため、部門を越えた効果的な連携が期待できます。

顧客データHub
Sansanが名刺管理で培ったAI技術を結集した、独自のテクノロジーにより、社内のあらゆる顧客データを統合・リッチ化することが可能です。現在利用しているCRM・SFAや、MAツール上で管理しているデータの二重登録を防いだり、様々な付加情報を付与することで、ターゲティングをしやすくするなど、名寄せ・クレンジングの工数を削減します。

■今後の展開
今後は、人物プロフィールを更に充実させていくほか、今以上にパーソナライズされたニュース、AI企業分析など、ビジネスのはじまりにおいて更なる気付きを得ることができるさまざまな機能の強化や追加を予定しています。
Sansanは、「ビジネスプラットフォーム」への進化をより加速させ、多くのビジネスパーソンが「出会いからイノベーションを生み出す」ことができるよう、サービスを通じて後押しをしてまいります。

注1:ご参考/主な導入企業一覧
763fc4c9ef28bb4a3a458f008c65b6b8 - 「名刺管理から、ビジネスがはじまる」法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」がリニューアル  〜プロダクトコンセプトが進化、名刺管理を起点としたビジネスプラットフォームへ〜

注2:ご参考/Sansanの活用事例 https://jp.sansan.com/case/

画像素材はこちらよりダウンロードをお願いします。 https://bit.ly/2IyvYl1

(以上)

■名刺管理から、ビジネスがはじまる「Sansan」
Sansanは、法人向けクラウド名刺管理サービスです。名刺をスキャナーやスマートフォンアプリで読み取るだけで、独自のオペレーションシステムによって名刺情報を正確にデータ化します。高度なAI技術により、企業内の人脈を管理・共有することが可能になるほか、社内の連携を促進する機能や顧客データを統合・リッチ化する機能を備え、ビジネスのはじまりを後押しする「ビジネスプラットフォーム」です。

■Sansan株式会社 会社概要
2007年の創業より法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を開発・提供しています。「Sansan」は「名刺管理から、ビジネスがはじまる」をコンセプトに、社内に眠る名刺をデータ化し、人と人のつながりを情報として可視化・共有できるクラウド名刺管理サービスです。2012年より個人向け名刺アプリ「Eight」を提供開始。ソーシャルの仕組みを取り入れ名刺をビジネスのつながりに変える新たなビジネスネットワークとして、登録ユーザーは200万人を超えています。

設立:2007年6月11日
URL: https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金等:43億1250万円(うち資本金 28億1250万円)
事業内容:クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売
法人向け「Sansan」 https://jp.sansan.com
個人向け「Eight」 https://8card.net

■法人向けサービスに関するお問い合わせ先
Sansan株式会社 マーケティング部
フリーダイヤル:0800-100-9933(携帯からもOK/不通の場合 050-1744-8685)
メール:inquiry@sansan.com
資料請求・お問い合わせフォーム https://jp.sansan.com/form/inquiry

■報道関係のお問い合わせ先
Sansan株式会社 ブランドコミュニケーション部 PRグループ(長倉・小池)
Mail: pr@sansan.com   Tel: 03-6316-3121