すべて

IR

SATORI株式会社の株式の取得(持分法適用関連会社化)に関するお知らせ

当社は、2020年4月3日開催の取締役会において、SATORI株式会社(以下、「SATORI社」)の株式を取得し、持分法適用関連会社化することを決議しましたので、下記の通り、お知らせします。

1. 株式取得の理由

当社グループは、「出会いからイノベーションを生み出す」というミッションを掲げ、企業やビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題の解決につながるサービスを展開しています。主には、名刺をデータ化し、人と人のつながりを情報として可視化・共有できるクラウド名刺管理サービス「Sansan」と、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの仕組みを取り入れた、名刺をビジネスのつながりに変える名刺アプリ「Eight」を提供しています。

現在、当社グループでは中長期的な株主価値及び企業価値の向上実現に向け、Sansan事業のさらなる成長及びEight事業の収益化に取り組んでいます。Sansan事業においては、「Sansan」のさらなる利用拡大のほか、外部のサービスとの連携や自社開発の強化等によって、「Sansan」のビジネスプラットフォームとしての展開を推進していくことも重要な成長戦略の1つとなっています。

このような戦略のもと、当社がマーケティングオートメーションツールの開発・販売を行うSATORI社の株式を取得し、持分法適用関連会社化することで、サービス価値のさらなる向上に取り組みます。

2. 持分法適用関連会社となる会社(SATORI社)の概要(2020年4月3日現在)

(1) 名称 SATORI株式会社
(2) 所在地 東京都渋谷区桜丘町23-21 渋谷区文化総合センター大和田11F
(3) 代表者の役職・氏名 植山 浩介
(4) 事業内容 マーケティングオートメーションツールの開発・販売
(5) 資本金 1,513百万円
(6) 設立年月日 2015年9月
(7) 当該会社の最近3年間の経営成績及び財政状態
決算期 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期
純資産 62百万円 33百万円 1,059百万円
総資産 123百万円 108百万円 1,155百万円
親会社の株主に帰属する当期純利益 △78百万円 △129百万円 △197百万円

3. 取得価額及び取得後の所有株式の状況

(1) 取得価額 取得価額は、相手方との守秘義務により非開示としていますが、専門家による株式価値評価を基に公正・妥当性を確保した上で、双方の協議によって決定しています。
(2) 取得後の所有株式数 46,646株
(議決権の数:46,646個、議決権所有割合:27.4%)

4. 日程

(1) 取締役会決議日 2020年4月3日
(2) 株式取得実行日 2020年4月9日(予定)

5. 今後の見通し

当社の連結業績への計上が見込まれる、本件に伴う「持分法による投資損失または利益」は、来期(2021年5月期)より発生する見込みであり、本件が当社の当期連結業績に与える影響は軽微です。

以上