すべて

Sansan

クラウド名刺管理サービス「Sansan」の「オンライン名刺」、初期利用企業が2,000社突破
〜地方でも高まるオンライン名刺需要、初期利用企業が全国に拡大〜

437c3aaee52b67dd861b0c875805ef1e 767x403 - クラウド名刺管理サービス「Sansan」の「オンライン名刺」、初期利用企業が2,000社突破<br>〜地方でも高まるオンライン名刺需要、初期利用企業が全国に拡大〜

Sansan株式会社が提供するクラウド名刺管理サービス「Sansan」は、今月中旬に実装予定の「オンライン名刺」機能の利用表明企業が、2,000社を突破したことを発表します。

■オンライン名刺の需要拡大の背景
当社ではテレワークやオンライン上で、これまでと変わらず名刺交換ができる「オンライン名刺」機能を3月に発表し、発表直後から大きな反響をいただきました。特に、5月4日の政府の専門家会議による「新しい生活様式」の提言以降、お問い合わせが急増し、中小企業から大企業、業種業界、官民問わず幅広い企業で、6月中旬機能実装の際の利用表明をいただきました。

アフターコロナのビジネスシーンでは、会議だけでなくイベントや記者会⾒もがオンラインで実施されることが、「ニューノーマル」になると想定されます。そんな中、ビジネスの出会いの場での名刺の重要性が再認識され、「オンライン名刺」の利便性の高さや効率の良さに注目が集まった結果だと受け止めています。また、このニーズの高まりは、都市部に限らず地方都市にも徐々に広がりをみせています。

・オンラインの活用で地域ビジネスを再活性化
活動・集会の自粛により、全国から観光客の集まる地域イベントは相次ぎ開催中止となり、鉄道、バス、ホテル、旅館、飲食、小売業を中心に地元企業は大幅な減収を余儀なくされています。そのような背景の中、どこにいても参加・情報発信が可能なオンライン上での商談やビジネスミーティング・イベントなどを活用し、都市部との距離を縮めることで、ビジネスチャンスに変えようとする地方企業の動きも出始めています。

・オンライン名刺が地方企業のデジタル化の入り口に
地方の中小企業では特に、新型コロナウイルスの影響も相まって生産性向上・業務効率化に課題を抱えています。自社のデジタル化について何から始めるべきか悩んでいる企業にとって、名刺のデジタル化というSansanのシンプルな機能提供は、社員の活用度も高く、導入効果を早期に実感していただけます。さらに、この度の新機能「オンライン名刺」の導入により、名刺の取り込み漏れがなくなりデジタル化の加速が期待できます。

■初期利用企業について
地方都市において業種業界問わず幅広い企業で、利用の表明をいただいています。

主な利用表明企業は下記の通りです。(五十音順)

8276847c56a87e88e98696fbc33d6cb2 777x720 - クラウド名刺管理サービス「Sansan」の「オンライン名刺」、初期利用企業が2,000社突破<br>〜地方でも高まるオンライン名刺需要、初期利用企業が全国に拡大〜

エレコム株式会社/沖縄ツーリスト株式会社/川崎重工業株式会社
関西電力株式会社/北九州市役所/京セラ株式会社
学校法人近畿大学/城東テクノ株式会社/スルガ銀行株式会社
ダイキン工業株式会社/株式会社千葉興業銀行/中部電力株式会社
日工株式会社/ハナマルキ株式会社/阪急阪神不動産株式会社
バンドー化学株式会社/株式会社肥後銀行/福岡地所株式会社
碧海信用金庫

■「オンライン名刺」機能概要
「オンライン名刺」機能を使うことにより、Sansanユーザーは、紙の名刺とは別に、Sansan上で発行するデジタルの名刺を持つことができるようになります。このオンライン名刺は、オンライン上で手軽に相手に送付することが可能です。これにより、オンラインでの商談時や、オンラインでのイベント開催時でも、これまでと同じように名刺交換ができます。

・自分の名刺のリンクを生成し、相手に送付。複数人への送付も可能に
Sansanユーザーは、Sansan画面上から「オンライン名刺」のリンクを発行することができ、対面相手に送付できるようになります。自分の氏名やメールアドレス、社名や肩書だけではなく、Sansanに自身のプロフィール写真を登録していれば、その写真データも併せて送付できます。

・オンライン名刺を受け取った相手は、名刺情報の登録・自分の名刺情報の送り返しも
オンライン名刺の送付相手は、簡単な操作で受け取った名刺情報を自身の電話帳や、Sansanにインポートすることが可能です。また、簡易な操作で自分の名刺情報を相手に送り返し、オンライン上での名刺交換を実施することも可能です。

「オンライン名刺」の詳細やお申し込みについては、下記のwebサイトをご参照下さい。
https://jp.sansan.com/online-meishi/

今後もSansanは、「出会いからイノベーションを生み出す」という当社のミッション実現へ向けて、進化を続けてまいります。

(以上)

■Sansanについて
名刺管理から、働き方を変える「Sansan」
Sansanは、法人向けクラウド名刺管理サービスです。名刺をスキャナーやスマートフォンアプリで読み取るだけで、独自のオペレーションシステムによって名刺情報を正確にデータ化します。高度なAI技術により、企業内の人脈を管理・共有することが可能になるほか、社内の連携を促進する機能や顧客データを統合・リッチ化する機能を備え、ビジネスのはじまりを後押しする「ビジネスプラットフォーム」です。

■Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」および個人向け名刺アプリ「Eight」を開発・提供しています。名刺管理を起点としたビジネスプラットフォームとして活用できるサービスを国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日
URL: https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:62億34百万円(2020年4月13日時点)
事業内容:クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売
法人向け「Sansan」 https://jp.sansan.com 個人向け「Eight」 https://8card.net

■報道関係のお問い合わせ先
Sansan株式会社 ブランドコミュニケーション部 PRグループ(南口、小池)
Mail: pr@sansan.com