すべて

Sansan

Sansanのオンライン名刺、QRコード付きバーチャル背景の提供を開始
〜スムーズな名刺交換から、受注率を上げる後押し〜

3722c5f280bbe81c1821ae0fc9f0465b 767x403 - Sansanのオンライン名刺、QRコード付きバーチャル背景の提供を開始<br>〜スムーズな名刺交換から、受注率を上げる後押し〜

Sansan株式会社は、同社が提供する法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」において、オンライン会議で名刺交換をスムーズに行うことができるQRコード付きバーチャル背景の提供を開始したことを発表します。
Sansan上で、自分の名刺情報へアクセスできるQRコードを組み込んだ、オンライン会議用のバーチャル背景を自動作成する機能を追加しました。これによりユーザー企業は、新しい働き方として広がりを見せているリモートワークや在宅勤務時における、オンライン名刺活用のビジネスシーンが拡大します。

■「QRコード付きバーチャル背景」の提供背景
新型コロナウイルスの感染拡大防止措置として、企業はリモートワーク導入をはじめとした働き方改革や、イベントやセミナーのオンライン開催への移行を迫られています。このような中、Sansanは、オンライン上でもこれまでと変わらず名刺交換ができる「オンライン名刺」機能を6月に発表し、すでに3000社を超える企業が利用を開始しています。Sansanのオンライン名刺機能の利用により、オフラインでの名刺交換と同様に、オンライン商談やミーティングの場においても、相手の氏名・肩書きなどを正確な顧客データとして取得・蓄積が可能になります。

一方で、当社が提供する名刺アプリ「Eight」では、オンライン名刺交換ができる「QRコード付きバーチャル背景」を自動作成する機能を、Sansanに先立ち提供を開始。提供開始後約3週間で、1万人を超えるユーザーがダウンロードを行うなど大きな反響がありました。これらの反響を踏まえ、Sansanにおいても、より多くのオンライン名刺活用のビジネスシーンを提供するために、機能提供開始に至りました。

オンライン名刺の送付方法が、デジタルシフトするビジネスシーンに、より柔軟に対応可能になったことで、デジタルシフトによって生じた、名刺交換の減少による顧客データの情報源の縮小と企業業績への悪影響という新たな課題「顧客データ危機」を解決し、企業の営業⼒や受注率の向上に貢献します。

■「QRコード付きバーチャル背景」を設定するメリット
・企業ブランドイメージの統一

オンライン上でも、特に商談の場面では対面と同様に印象が重要になり、印象を決める要素に背景の演出もあります。QRコードには、会社が指定した会社ロゴの表示も可能であるため、社員が統一した背景を設定することで、リモートワークや在宅勤務といった業務環境に左右されることなく、対顧客に対するブランドイメージに、一貫性を持たせるよう整えることが可能です。

・コミュニケーションの円滑化
オンライン商談では、「アイスブレイクしづらい時がある」など、コミュニケーションに課題を抱えるビジネスパーソンが増えています。常時背景にQRコードを表示させることで、名刺交換をきっかけとした話題提供がしやすくなり、ビジネスの始まりの円滑なコミュニケーションを後押しします。

・オンライン名刺の受け手からの返送の促進
バーチャル背景は、ずっとオンライン画面で相手に表示されているため、最初だけでなく、途中参加者や後のタイミングなど、受け手側の都合に合わせて、名刺情報の登録と返送が可能です。生活に密着したQRコードを用いることで、受け手側も低いハードルで操作が可能となり、これまで以上にオンライン名刺交換が成立するようになります。

■「QRコード付きバーチャル背景」作成および活用の流れ
すでにSansan上でオンライン名刺URLを発行済みの場合、PC版の「オンライン名刺」設定画面上に「QRコード」のリンクが表示されます。リンクにアクセスすると、バーチャル背景のパターンが複数表示されるため、お好きな背景を選択します。すると、自動的にQRコードを組み込んだバーチャル背景が作成されるため、有効期限、受け取り回数をご確認の上、ダウンロードします。作成したバーチャル背景は、オンライン会議ツール内で背景として設定することでご活用いただけます。
また、英語の名刺を登録している場合、英語表記でのバーチャル背景を生成することができ、海外の取引先とのオンライン名刺交換も可能です。

c34601894dc9a1f5ae4c95e801e703ca - Sansanのオンライン名刺、QRコード付きバーチャル背景の提供を開始<br>〜スムーズな名刺交換から、受注率を上げる後押し〜
5be1b95b4275389cf989b25a94e680fb - Sansanのオンライン名刺、QRコード付きバーチャル背景の提供を開始<br>〜スムーズな名刺交換から、受注率を上げる後押し〜
■Sansanの「オンライン名刺機能」について
Sansanのオンライン名刺機能は、オンラインにおけるさまざまなビジネスシーンで活用いただけるように、オンライン営業や商談、イベント、展示会などの各種システムとの連携を拡大しています。

(コミュニケーションシーン)
ビジネスチャットサービス「Chatwork」
Web電話帳サービス「Phone Appli for Salesforce」
Web会議サービス「V-CUBE ミーティング」
コラボレーションハブ「Microsoft Teams」

(営業シーン)
営業支援/顧客関係管理クラウドプラットフォーム「Salesforce」
オンライン営業「V-CUBE セールスプラス」
オンライン商談システム「ベルフェイス」

(展示会・イベントシーン)
イベント管理システム「EventHub」
オンライン展示会「evort」
オンラインセミナー「V-CUBE セミナー」
新世代エントリーフォーム 「Smart Entry by Eightオンライン名刺」
法人向けセミナー管理システム 「Sansan Seminar Manager」

機能の詳細については以下をご参照下さい。
https://jp.sansan.com/online-meishi

Sansanは、今後も「出会いからイノベーションを生み出す」という当社のミッション実現へ向けて、進化を続けてまいります。

※:QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
※:Salesforce は salesforce.com, inc. の商標であり、許可のもとで使用しています。

(以上)

■Sansanについて
名刺管理から、働き方を変える「Sansan」

Sansanは、法人向けクラウド名刺管理サービスです。名刺をスキャナーやスマートフォンアプリで読み取るだけで、独自のオペレーションシステムによって名刺情報を正確にデータ化します。高度なAI技術により、企業内の人脈を管理・共有することが可能になるほか、社内の連携を促進する機能や顧客データを統合・リッチ化する機能を備え、ビジネスのはじまりを後押しする「ビジネスプラットフォーム」です。

■Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」および個人向け名刺アプリ「Eight」を開発・提供しています。名刺管理を起点としたビジネスプラットフォームとして活用できるサービスを国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日
URL: https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:62億36百万円(2020年5月31日時点)
事業内容:クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売
法人向け「Sansan」 https://jp.sansan.com 個人向け「Eight」 https://8card.net

■報道関係のお問い合わせ先
Sansan株式会社 ブランドコミュニケーション部 PRグループ(小池、南口)
Mail: pr@sansan.com