すべて

Sansan

「Sansan」のデータ統合機能「Sansan Data Hub」が、Microsoft Azure Marketplace上で公開
〜マイクロソフトユーザーの正確な顧客マスタの構築を支援〜

b9c62413044cc7c5489e9a4448e2952b 767x403 - 「Sansan」のデータ統合機能「Sansan Data Hub」が、Microsoft Azure Marketplace上で公開<br>〜マイクロソフトユーザーの正確な顧客マスタの構築を支援〜

Sansan株式会社は、同社が提供する法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」のデータ統合機能「Sansan Data Hub」が、MicrosoftのAzure Marketplace上で公開されたことを発表します。

■公開の背景
企業のデジタルトランスフォーメーションは、働き方改革や、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、ニューノーマルな働き方への移行なども伴い、対応すべき喫緊の課題として挙げられています。その一方、デジタルトランスフォーメーションに必要不可欠な、高品質なデジタルデータの蓄積に、企業は苦慮しています。

法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」のデータ統合機能である、Sansan Data Hubは、ビジネスの出会いである、名刺を入り口に、社内に散在するあらゆる顧客データの名寄せ・リッチ化を行います。今回、より多くの企業のデジタルトランスフォーメーションを後押しすべく、Microsoft Azure Marketplace上での公開の決定に至りました。

■Sansan Data Hubについて
Sansanは、市場シェア82.8%(※)、6000件以上の契約件数を有する法人向けクラウド名刺管理サービスです。そのSansanのデータ統合の技術を活用した、データを整理・統合し、マーケティング活動などに最適なデータに進化させることができる機能が「Sansan Data Hub」です。名寄せとデータクレンジングを自動で行い、高品質な顧客マスタを構築します。

Sansan Data Hubでは、次のことが可能になります。

・名寄せ
高度な名寄せにより、人物単位で一元管理し、最新化することで、データ統合が行いやすくなります。

・属性情報の付与・データのリッチ化
企業情報・人物情報にさまざまな属性情報を付与することで多角的な分析が可能になるなど、マーケティング、営業活動が加速します。

・正規化で情報を最新化
名刺、帝国データバンク、登記情報から正確かつ最新な企業情報へ正規化し、常にデータをクレンジングします。

Sansan Data Hubの仕組み
6c37e1f7d3b8d26dddb2f41d115d738b - 「Sansan」のデータ統合機能「Sansan Data Hub」が、Microsoft Azure Marketplace上で公開<br>〜マイクロソフトユーザーの正確な顧客マスタの構築を支援〜
■日本マイクロソフト株式会社 パートナー事業本部 ISVビジネス統轄本部長 野中智史様よりコメント
「この度、Sansan株式会社のデータ統合機能、『Sansan Data Hub』を、Microsoft Azure Marketplace上で公開いただけたこと、とても嬉しく思います。企業のデジタルトランスフォーメーションへの取り組みは昨今のビジネス環境において、必要不可欠なものとなっています。多くの企業が取り組む一方、正確なデータの蓄積には、どの企業も苦慮しています。日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム『Microsoft Azure』上に、Sansan Data Hubが公開されることによって、その名刺の名寄せを軸にした機能により、その悩みの多くは解決することと思います。

当社とSansan社は、OutlookとSansanとの連携実装や、オンライン名刺とMicrosoft Teamsとの連携予定など、様々な連携を行っています。今回の取り組みにより、その連携をさらに加速させ、国内のデジタルトランスフォーメーションを共に推進していきたいと考えています。」

(※)Microsoft、Azure、Outlook、Microsoft Teams、Teamsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

(※)市場シェア82.8%
法人向け名刺管理サービス参入企業シェア(「名刺管理サービスの市場とSFA/CRM関連ビジネス2020 」2020年1月 シード・プランニング調べ)

(以上)

■Sansanについて
名刺管理から、働き方を変える「Sansan」
Sansanは、法人向けクラウド名刺管理サービスです。名刺をスキャナーやスマートフォンアプリで読み取るだけで、独自のオペレーションシステムによって名刺情報を正確にデータ化します。高度なAI技術により、企業内の人脈を管理・共有することが可能になるほか、社内の連携を促進する機能や顧客データを統合・リッチ化する機能を備え、ビジネスのはじまりを後押しする「ビジネスプラットフォーム」です。

■Sansan株式会社 会社概要
設立:2007年6月11日
URL: https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:62億36百万円(2020年5月31日時点)
事業内容:クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売
法人向け「Sansan」 https://jp.sansan.com 個人向け「Eight」 https://8card.net

■報道関係のお問い合わせ先
Sansan株式会社 ブランドコミュニケーション部 PRグループ(小池)
Mail: pr@sansan.com