Contract One

クラウド契約業務サービス「Contract One」が英文契約書の対応を強化
〜英文契約書の重要項目を自動的にデータ化し台帳に追加、グローバル企業の電帳法対応とリスク管理を支援〜

abec0309f4eb1e76254ee7c53f0a4b9a 767x403 - クラウド契約業務サービス「Contract One」が英文契約書の対応を強化<br>〜英文契約書の重要項目を自動的にデータ化し台帳に追加、グローバル企業の電帳法対応とリスク管理を支援〜

働き方を変えるDXサービスを提供するSansan株式会社は、クラウド契約業務サービス「Contract One」の英文対応機能を強化したことを発表します。

今回の機能強化では、Contract Oneがデータ化した英文契約書から、取引先名や契約書名、契約期間、金額といった改正・電子帳簿保存法(以下、電帳法)の対応に必要な項目が自動で抽出され、スマート台帳に登録されるようになりました。英文契約書の台帳管理が容易になることで、電帳法への対応を可能にするとともに、グローバル企業の契約業務の効率化とリスク管理を実現します。

機能追加の背景
Contract Oneは、紙の契約書における印刷・製本や押印、郵送などのアナログな行程を、オンライン上で指示するだけで完結できるクラウド契約業務サービスです。当社独自のテクノロジーとオペレーションにより、契約先名や契約締結日、金額、解約通知期限日などの契約書管理に必要な項目を正確にデータ化し、自動で台帳に登録する機能を備えています。混在する電子契約書と紙の契約書の一元管理を可能にするとともに、契約業務の包括的なデジタル化を実現することで、業務の効率化とリスク管理を後押ししています。

契約業務において、グローバルに展開する企業や海外企業との取引が多い業界では、英文契約書が頻繁に取り扱われています。日本語の契約書と異なるフォーマットでさまざまな類型が存在する英文契約書は、取引先名や契約期限などの重要項目を短時間で全て把握することが難しく、契約情報の管理に膨大な時間を要するケースも見受けられます。

また契約書は企業間の取引に関する重要書類であることから、新規契約の締結や契約の更新時に加えて、問題が発生した際や、それらを未然に防ぐためなどに、締結済みの契約書を参照したり、契約期限を確認したりする業務が日常的に行われています。

今回は、英文契約書の管理における利便性をより高め、契約期限や更新有無の把握といった契約リスクを適切に管理するため、日本語契約書と同様に英文契約書の管理項目も自動で台帳に追加されるよう機能を強化しました。

■機能概要
英文対応機能は、Contract Oneにアップロードされた英文契約書の本文を、当社独自の技術で正確にデータ化し、オンライン上で閲覧や本文検索ができる機能です。今回の本機能の強化では、本文のデータ化に加えて、取引先名、契約書タイトル、契約締結日、金額などといった契約書管理に必要な項目が自動で台帳に表示されるようになり、手入力での登録が不要になりました。

これにより、英文契約書も日本語契約書と同じフローで台帳管理ができるほか、電帳法への対応が容易になり、契約業務の効率化やリスク管理の強化を実現できます。

b675912964da008dd9a82c9441e95435 991x720 - クラウド契約業務サービス「Contract One」が英文契約書の対応を強化<br>〜英文契約書の重要項目を自動的にデータ化し台帳に追加、グローバル企業の電帳法対応とリスク管理を支援〜

英文契約書の登録画面イメージ

Contract Oneでは、契約書管理の利便性をより高め、業務効率化を後押しするために契約書管理機能「スマート台帳」を継続的にアップデートしています。直近では、契約満了や更新通知期限を事前にメールで通知する機能や、台帳管理項目を自社のニーズに合わせて設定できる機能、契約書の項目変更を記録したりメモを残したりできる機能をリリースしています。

今後もさらなる利便性の強化に向けて積極的に機能開発を進めることで、アナログな契約業務のDXを推進し、企業のリスク管理を進化させてまいります。

Contract Oneの詳細については、ウェブサイトをご覧ください。
https://contract-one.com

(以上)

■契約業務のDXから、リスクを管理する「Contract One」
Contract Oneは、Sansan株式会社が提供するクラウド契約業務サービスです。印刷・製本、押印といった紙の契約書を締結する際に必要となるアナログな作業も含め、契約業務をオンラインで完結できる環境を構築します。また、契約書を正確にデータ化し、混在する電子契約書と紙の契約書の一元管理を実現します。これまでアナログな対応が必要だった契約業務をDXすることで、企業のリスク管理を進化させるだけでなく、業務効率化やテレワークの推進、ペーパーレス化も後押しします。

■Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、働き方を変えるDXサービスを提供しています。主なサービスとして、営業DXサービス「Sansan」やキャリアプロフィール「Eight」、インボイス管理サービス「Bill One」、クラウド契約業務サービス「Contract One」を国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日
URL:https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:64億50百万円(2022年8月31日時点)
事業内容:働き方を変えるDXサービスの企画・開発・販売
Sansan https://s.sansan.com
Eight https://8card.net
Bill One https://bill-one.com
Contract One https://contract-one.com

■報道関係のお問い合わせ先
Sansan株式会社 ブランドコミュニケーション部
Mail: pr@sansan.com

コーポレートおよび各プロダクトに関する主な素材データは、下記よりダウンロードしていただけます。
https://jp.corp-sansan.com/inquiry/presskit