Bill One

インボイス管理サービス「Bill One」が経理担当者向け学習コンテンツ「適格請求書クイズ」を提供
~制度開始1年前、担当者の実務理解向上を支援~

1e7cdf06e5f42f2eea8c7c6aff058975 767x403 - インボイス管理サービス「Bill One」が経理担当者向け学習コンテンツ「適格請求書クイズ」を提供<br>~制度開始1年前、担当者の実務理解向上を支援~

働き方を変えるDXサービスを提供するSansan株式会社は、2023年10月より開始されるインボイス制度を見据え、経理担当者向け学習コンテンツ「適格請求書(インボイス)クイズ」を本日より提供開始したこと発表します。
受領した請求書が「適格請求書(インボイス)」の要件を満たしているかどうかを見分けるシミュレーションクイズとなっており、楽しみながら実務を学ぶことができる本コンテンツの提供を通じて、経理担当者の実務理解向上を支援します。

▼受け取っても、迷わない「適格請求書(インボイス)クイズ」
https://sansan.svy.ooo/ng/answers/billone_invoice_quiz/

■提供開始の背景
Bill Oneは、あらゆる請求書をオンラインで受領・データ化し、月次決算の加速を後押しするインボイス管理サービスです。2020年のサービス提供開始以降、業界問わず様々な企業に導入されており、2022年7月にはクラウド請求書受領サービスのマーケットシェアNo.1を獲得しています(※1)。

請求書業務は大きな転換期を迎えており、2022年に改正された電子帳簿保存法に続き、2023年の開始が予定されているインボイス制度への対応も必須となり、二つの法制度対応による実務担当者の負担は増加することが想定されます。実際に当社が9月に行った調査では、経理担当者の65%がインボイス制度の開始に不安を感じており、具体的には「従来の請求書業務より工数が増えること」「インボイス制度と電子帳簿保存法を併せて検討しないといけない」など、実務面に不安を感じている方が多いことが分かりました(※2)。

Bill Oneでは、企業の制度理解向上を目的にインボイス制度の解説セミナーを毎月開催していましたが、本調査結果をふまえ、制度の概要理解にとどまらず、実務理解の向上が必要と考え、請求書の受領業務をテーマにした経理担当者向けの「適格請求書(インボイス)クイズ」の提供に至りました。

■「適格請求書(インボイス)」クイズの概要
インボイス制度の開始により、経理業務に大きな影響が出るのが請求書の受領業務です。仕入税額控除の適用を受けるには、受領した請求書が「適格請求書(インボイス)」であることを確認する必要があります。

「適格請求書(インボイス)クイズ」は、実際に請求書が届いた時に判断に迷わないよう、全10問のクイズで実務に役立つ知識を身につけられる内容となっています。

名称:「適格請求書(インボイス)クイズ」
内容:適格請求書かどうかを見分けるシミュレーションクイズ
設問数:10問
形式:選択式の二択問題
URL:https://sansan.svy.ooo/ng/answers/billone_invoice_quiz/

26d7f07db849fecdb5813c021a6642d1 - インボイス管理サービス「Bill One」が経理担当者向け学習コンテンツ「適格請求書クイズ」を提供<br>~制度開始1年前、担当者の実務理解向上を支援~

設問イメージ

当社では、引き続き学習コンテンツやセミナーを活用した情報発信を行うことで、企業のインボイス制度の理解向上を支援するとともに、営業・顧客サポート体制の強化を通じて、制度対応への負担軽減と、業務効率化による月次決算の加速を後押ししてまいります。

※1:デロイト トーマツ ミック経済研究所「驚異的な成長が見込まれるクラウド請求書受領サービス市場の現状と将来」(ミックITリポート2022年7月号)

※2:Sansan株式会社「インボイス制度に関する実態調査」(2022年9月16日発表)
https://jp.corp-sansan.com/news/2022/0916.html

(以上)

■請求書受領から、月次決算を加速する「Bill One」
Bill Oneは、Sansan株式会社が提供するインボイス管理サービスです。郵送やメールといったさまざまな方法・形式で届く請求書をオンラインで一括受領し、素早く正確にデータ化。請求書をクラウド上で一元管理することで、アナログで非効率な請求書業務をデジタル化します。インボイス制度や電子帳簿保存法にも対応し、月次決算業務を効率化することで、企業経営における意思決定のスピードを加速します。

■Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、働き方を変えるDXサービスを提供しています。主なサービスとして、営業DXサービス「Sansan」やキャリアプロフィール「Eight」、インボイス管理サービス「Bill One」、クラウド契約業務サービス「Contract One」を国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日
URL:https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 13F
資本金:64億50百万円(2022年8月31日時点)
事業内容:働き方を変えるDXサービスの企画・開発・販売
Sansan https://s.sansan.com
Eight https://8card.net
Bill One https://bill-one.com
Contract One https://contract-one.com

■報道関係のお問い合わせ
Sansan株式会社 ブランドコミュニケーション部
Mail: pr@sansan.com

コーポレートおよび各プロダクトに関する主な素材データは、下記よりダウンロードしていただけます。
https://jp.corp-sansan.com/inquiry/presskit