Sansan名刺メーカー

経済産業省が「Sansan名刺メーカー」を導入し、大阪・関西万博デザインの名刺作成に活用
〜職員5500名について、使い慣れたSansan上での名刺の発注や更新も可能に〜

7c50b543e604a4b926a34288ab0bd0c7 767x403 - 経済産業省が「Sansan名刺メーカー」を導入し、大阪・関西万博デザインの名刺作成に活用<br>〜職員5500名について、使い慣れたSansan上での名刺の発注や更新も可能に〜

働き方を変えるDXサービスを提供するSansan株式会社は、経済産業省が名刺作成サービス「Sansan名刺メーカー」を導入したことを発表します。経済産業省は、Sansan名刺メーカーを活用し、2025年に大阪で開催が予定されている2025年日本国際博覧会(以下、大阪・関西万博)に向けた名刺を作成します。また、2020年より導入している営業DXサービス「Sansan」上での名刺の発注や更新も可能となることから(※1)、省内職員のSansanの利用をさらに促進していきます。

Sansan名刺メーカーは、Sansanをはじめ、統合型ワークスペース Google Workspace™ やMicrosoft Teams、Microsoft Outlookなど企業が利用する社内インフラサービスで利用できる名刺作成サービスです。名刺の作成から発注までをワンストップで提供しており、名刺作成業務のオンライン上での一元管理を可能にし、総務部門をはじめとする名刺発注の管理部門の業務効率化を後押ししています。作成する名刺のデザインや用紙なども自由にカスタマイズでき、オリジナル名刺を一括で作成して従業員に支給することで、ブランディングにも役立てることができます。

■導入の背景と期待する効果
経済産業省では、2025年に開催される大阪・関西万博に向け準備を進めています(※2)。その中で、開催までの期間や開催中における大阪・関西万博のPR活動やブランディング等、機運醸成の取り組みの一環として、大阪・関西万博デザインの名刺の活用を目指しており、効率良く名刺を作成し、省内職員に支給できるサービスの導入を検討していました。

Sansan名刺メーカーであれば、管理者が任意のデザインの名刺を作成し職員にオンライン上で一括支給できるほか、職員自身が発注申請をしたり、所属や肩書の変更の際に更新申請をしたりできることから、導入に至りました。加えて、使い慣れたSansan上から各種申請が可能になることも、導入の後押しとなりました。

・オリジナルデザインの名刺をオンライン上で一括支給
Sansan名刺メーカーにより、名刺作成業務をオンライン上に集約できます。管理者は大阪・関西万博デザインの名刺をオンライン上で一括して職員5500名に支給できるようになります。また、オンライン上で管理していることから、デザイン変更も容易で、追加のコストもかかりません。なお、支給された名刺は紙とオンラインの両方で活用が可能です。

・Sansan上での名刺の発注や更新が可能に
職員は、使い慣れているSansan上で名刺の発注や更新の申請が可能になります。必要なときに必要な分だけ名刺が発注でき、所属や肩書が変わった際にも申請することで職員自身が新しい名刺情報に更新できます。

加えて、名刺の発注や更新の際にSansanにアクセスするため、Sansanを利用した人脈共有や情報収集の機会増加も期待されます。経済産業省では、Sansanを導入して人脈を共有・見える化する環境を整えた結果、業務の生産性やパフォーマンス向上などの効果を得られていることから、Sansan名刺メーカーの導入をきっかけに、さらなるSansanの利用浸透を図ります。

Sansan名刺メーカーの詳細については、ウェブサイトをご覧ください。
https://sansan-meishi-maker.com

※1:Sansan株式会社「経済産業省が『Sansan』の利用を省内職員5500名に拡大」(2021年7月16日発表)
https://jp.corp-sansan.com/news/2021/0716.html
※2:経済産業省 大阪・関西万博
https://www.meti.go.jp/policy/exhibition/osaka2025.html

* Google Workspace は Google LLC の商標です。
*Microsoft Outlook、 Microsoft Teamsは、 米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

(以上)

■名刺作成から、働き方をアップデートする「Sansan名刺メーカー」
Sansan名刺メーカーは、働き方に応じて、紙の名刺とオンライン名刺を使い分けられるようになる、新しい名刺作成サービスです。紙の名刺については小ロットの発注にも対応し、必要なときに必要な分だけ名刺を作成することができるため、名刺の作成・発注業務や管理業務を効率化します。また、オンライン名刺の作成にも対応し、デジタル化やペーパーレス化の推進にも貢献します。企業が導入している社内インフラサービス上で名刺の発注・更新の申請から承認までの業務をワンストップで行えるようにすることで、管理部門をはじめ、全社的に企業の働き方をアップデートします。

■Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、働き方を変えるDXサービスを提供しています。主なサービスとして、営業DXサービス「Sansan」やキャリアプロフィール「Eight」、インボイス管理サービス「Bill One」、クラウド契約業務サービス「Contract One」を国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日
URL:https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:64億50百万円(2022年8月31日時点)
事業内容:働き方を変えるDXサービスの企画・開発・販売
Sansan https://s.sansan.com
Eight https://8card.net
Bill One https://bill-one.com
Contract One https://contract-one.com

■報道関係のお問い合わせ
Sansan株式会社 ブランドコミュニケーション部
Mail: pr@sansan.com

コーポレートおよび各プロダクトに関する主な素材データは、下記よりダウンロードしていただけます。
https://jp.corp-sansan.com/inquiry/presskit