すべて

お知らせ

徳島県神山町の「神山塾」で代表の寺田が講義を行いました

kamiyama01 - 徳島県神山町の「神山塾」で代表の寺田が講義を行いましたkamiyama03 - 徳島県神山町の「神山塾」で代表の寺田が講義を行いましたkamiayma03 - 徳島県神山町の「神山塾」で代表の寺田が講義を行いました

神山塾について

 求職者を対象に、民間訓練機関が厚生労働省の認定を受けて行う職業訓練。神山町ではグリーンバレーが2010年12月より実施、現在は第三期を開講し全国から集まった男女約20名が参加しています。イベント事業関係やローカルメディアといった企画・創作分野の就職に必要なノウハウ・スキルを身に着けます。町内でグリーンバレーの展開する先進的な地域づくり活動、例えば、神山アーティスト・イン・レジデンス、棚田再生における田植え~稲刈り、森づくり、神山こども自然塾など、地域に根付くちょっとしたイベントの企画~運営の一部に携わりながら、自ら学び・考え・行動し、次へと繋げていきます。
(公式サイト「イン神山」より)

■詳細は下記をご覧ください。【イン神山~グリーンバレー公式サイト】
http://www.in-kamiyama.jp/diary/12740/

今回の講義について

 訓練を実施しているグリーンバレーはSansanのサテライトオフィス開設にも多大なご協力をいただいています。神山に滞在した社員はイベントや講師としての関わりを通して歴代の神山塾生の方々と交流を深めています。 今回は代表の寺田が第三期生に『世界に向けて新たな価値を生み出す』をテーマにお話ししました。大企業を経てベンチャーを起業した自らの体験を通したメッセージに、参加した神山塾生からも活発に質問が寄せられ、充実した時間となりました。

*当日の様子を神山塾生のブログでもご紹介いただいています。
【神山塾3期生 名刺プロジェクト始動中!】
 http://www.in-kamiyama.jp/diary/13155/

Sansan神山ラボについて

photo05 - 徳島県神山町の「神山塾」で代表の寺田が講義を行いましたphoto04 - 徳島県神山町の「神山塾」で代表の寺田が講義を行いました

 Sansanは”名刺から新たな価値を引き出し、働き方に革新を起こす”という理念を体現するため新しい働き方への様々な取り組みを行っています。その1つとして2010年10月より徳島県の築約70年の古民家を再利用したサテライトオフィス”Sansan神山ラボ”を開設。アートを通じて町おこしをするNPO法人グリーンバレーの事業「オフィスイン神山」に賛同した施策です。これまで述べ約25名以上の社員が滞在しています。 新しい働き方として評価され、2012年2月に日本テレワーク協会主催「第12回テレワーク推進賞」の優秀賞を受賞。同年3月には徳島県庁が正式に「とくしまサテライトオフィス・プロモーションチーム」を発足しました。ノマドワーク、コワーキングといった多様化する新しい働き方の1つとして新聞・TV・雑誌の各種メディアでも取り上げられています。

◆Sansan神山ラボの詳細や滞在した新入社員の日記は、ブログ「神山からこんにちは」をご覧ください。
http://www.33i.co.jp/kamiyama/profile

 

■グリーンバレー理事長 大南信也氏のコメント
 東京のITベンチャー・Sansan株式会社が神山にサテライトオフィスを開設、業務を開始したことは、中山間地区の可能性を広げる新しいかたちの企業誘致の実現です。自社の開発業務に加え、町内企業との協業、地域活動への参加、町の情報発信などを行うことで、まちづくりに貢献しています。 また、このような新しい働き方の具現化は、仕事がないから故郷で働くことはできないと信じてきた子どもたちに大きな希望を与えるものです。今後の可能性の広がりに期待しています。

今後の予定

 Sansan神山ラボは引き続きサテライトオフィスとして社員により創造的な仕事環境を提供するほか、家族も滞在できるようにします。Sansanは、今後も「新しい働き方」を創造・提唱すべく、事業を推進してまいります。

参考資料

■Sansan株式会社について

 Sansan株式会社は2007年の創業より、法人向けクラウド名刺管理サービス『Link Knowledge(リンクナレッジ)』を提供しています。名刺を入口に組織内の情報共有を促進し、営業強化・顧客管理・マーケティングに活用いただくことで企業の収益最大化に貢献します。導入企業は上場企業からベンチャーまで約600社を超えています。2012年2月には個人向けクラウド名刺管理『Eight(エイト)』を提供開始しました。
 世界でも類のないこのビジネスモデルで、名刺を軸にした情報共有という「ソーシャル+エンタープライズ」の可能性に挑戦し、新たな価値と市場創造を目指します。

【会社概要はこちらのページをご覧ください】 http://www.33i.co.jp/corporate/info.html

■□■本件に関するお問い合わせ先■□■

Sansan株式会社 広報室(担当:磯山)
住所:〒102-0074 東京都千代田区九段南4-7-15 JPR市ヶ谷ビル6F
TEL:0800-100-9933 (不通の場合03-6821-0033) メール:pr-div@sansan.com