第6回「世界の達人道場」を開催しました ~登山家・栗城史多氏に学ぶ「限界という壁を超えるには?」~ | Sansan株式会社

すべて

お知らせ

第6回「世界の達人道場」を開催しました ~登山家・栗城史多氏に学ぶ「限界という壁を超えるには?」~

kuriki 01 - 第6回「世界の達人道場」を開催しました ~登山家・栗城史多氏に学ぶ「限界という壁を超えるには?」~
kuriki 02 - 第6回「世界の達人道場」を開催しました ~登山家・栗城史多氏に学ぶ「限界という壁を超えるには?」~
kuriki 03 - 第6回「世界の達人道場」を開催しました ~登山家・栗城史多氏に学ぶ「限界という壁を超えるには?」~

今回の講演について

 講師の栗城史多氏は、酸素ボンベを使用せず、ベースキャンプから一人で登る単独・無酸素登山と、その様子をインターネット中継する「冒険の共有」という新しい活動を通して多くの人の支持を集めています。自社のサービスを通じて社会に新たな価値を提供し、市場の創造を目指すSansanは栗城氏の挑戦を続ける姿勢に共感し、今回の講演が実現しました。

 当日は「NO LIMIT-限界という壁を超えて-」と題してお話しいただきました。栗城氏は前月のシシャパンマ南西壁での滑落事故から生還して間もない状況でしたが「やめると言ったことは一度もない。これからも夢をあきらめずに、挑戦し続ける。登山家だけでなく、大きな見えない山に登っている人は大勢いる。僕の一歩踏み出す勇気が、たくさんの人の一歩になればいいと思う。」というメッセージに、参加した社員も非常に感銘を受け、活発な質疑応答が続きました。

■栗城氏の詳しいプロフィールは公式Webサイトをご覧ください

世界の達人道場とは     

 「働き方に革新を起こす」を理念に掲げるSansanでは、社員のクリエイティビティを高めることを目的に、徳島県の古民家へのサテライトオフィス開設、ユニークな社内制度の実施など様々な機会を提供してきました。「世界の達人道場」はその一環であり、第一線で活躍する講師との交流により、社員に視野を広げる機会を提供することが目的です。


■これまでの「世界の達人道場」開催実績 ※講師の肩書は開催当時のものです

 
【ブラインドサッカーワークショップ〜五感を生かしたコミュニケーション〜】
講師:松崎英吾氏(日本ブラインドサッカー協会 事務局長・理事)
 
【IBMの現役スーパー営業から「営業の極意」を学ぶ】
講師:正木大輔氏(日本IBM・インダストリービジネスディベロップメントマネージャー)
 
【人との関わりをこう見直すと仕事も人生ももっと楽しくなる!】
講師:勝屋久氏(プロフェッショナルコネクター/勝屋久事務所代表)
 
【HTML5を活用したユーザーエクスペリエンスの実現に向けて】
講師:有家正博氏(日本ユニシス株式会社 システム統括部 ECラボ室長 HCD-Net認定 人間中心設計専門家)
 
【世界一周の旅を経て社会起業、これからのグローバル人材とは】
講師:本間勇輝氏(NPO法人HUG代表理事)、本間美和氏(東北復興新聞編集長)
 
【粘菌コンピューティング:自律的ダイナミクスが拓く新しい計算パラダイム】
講師:青野真士氏(独立行政法人理化学研究所研究員 理学博士)
 

■「世界の達人道場」以外のユニークな社内制度

【徳島県の古民家サテライトオフィス「Sansan神山ラボ」】

ブログ「神山からこんにちは」をご覧ください

【Sansanの社内制度】 

採用サイト内「Sansanを知る」をご覧ください

参加した社員のコメント             

・清濁織り込んだ経験を礎に築かれた自信と、感謝の念に圧倒されました。

・僕達Sansanは僕達のEverestを登っているのだと、改めて感じました。貴重な機会に感謝します。

・長い道のりを経て味わう一瞬の頂上(達成感)の後、すぐに新たな山(目標)を目指そうとする飽くなきチャレンジ精神に

感銘を受けました。

「世界の達人道場」ではこれからも様々なジャンルで活躍する講師をお招きしていく予定です。

Sansanは、今後も「新しい働き方」を創造・提唱すべく、事業を推進してまいります。

参考資料

■Sansan株式会社について

 Sansan株式会社は2007年の創業より、法人向けクラウド名刺管理サービス『Link Knowledge(リンクナレッジ)』を提供しています。名刺を入口に組織内の情報共有を促進し、営業強化・顧客管理・マーケティングに活用いただくことで企業の収益最大化に貢献します。導入企業は上場企業からベンチャーまで約600社を超えています。2012年2月には個人向けクラウド名刺管理『Eight(エイト)』を提供開始しました。
 世界でも類のないこのビジネスモデルで、名刺を軸にした情報共有という「ソーシャル+エンタープライズ」の可能性に挑戦し、新たな価値と市場創造を目指します。

【会社概要はこちらのページをご覧ください】http://www.33i.co.jp/corporate/info.html

 

■□■本件に関するお問い合わせ先■□■

Sansan株式会社 広報室(担当:磯山)
住所:〒102-0074 東京都千代田区九段南4-7-15 JPR市ヶ谷ビル6F
TEL:0800-100-9933 (不通の場合03-6821-0033) メール:pr-div@sansan.com