2017.03.06

【R&Dアーキテクト通信】第8回 NuGet化

こんにちは、DSOCの糟谷です。今回はちょっと専門的な話になります。

R&Dでは.NET FrameworkのC#環境で開発することが多いという話を書きましたが、.NETにはNuGetというパッケージ管理システムがあり、それを活用しています。社内NuGetサーバーを立て、社内で作ったライブラリをそこからダウンロードして使用できます。

NuGetのライブラリを作る作業もCIで自動化されていて、GitHub上でコマンドを打つとNuGet化して、プレリリース版として使用できるようになります。しばらくプレリリース版で使ってみて不具合がない場合はプルリクエストをマージしてタグを打つとNuGetが安定版になり、誰でも使用できるようになります。

 
まだまだ最近始めた取り組みなので、これから勉強していく部分も多いのですが、開発はかなり楽になりました。
特にAwsAccessorというAWSの各サービスを便利に使えるライブラリを内製していて、それを簡単にアップデートして全員が簡単に使えるというのは便利です。