2017年 新年のメッセージ真価を問う

2017年
真価を問う

それはimodeなのか、iPhoneなのか。

imodeはかつて日本が誇る世界最先端の
モバイルテクノロジーと言われた。
それがガラケーとなり、消えた。

iPhoneは、モバイルに非連続な進化をもたらした。
今や便利さを感じるレベルも超え、日常の一部だ。

かくありたい。

が、今問われているのは抽象的な話ではない。
極めて具体的に"価値"を問われている。

Sansanは企業のインフラ足り得るのか。
Eightは事業足り得るのか。
我々はデータの力を活かし得るのか。
そして、この道は世界に通じ得るのか。

自分に対して。自分達に対して。
外部に対して。外部のステークホルダーに対して。

"我々は何者で、どこまでいくのか、どこまで行きたいのか"
その問いに応えたい。

2017年。

具体的に一段高い価値を証明したい。
そして、その先に行きたい。

会社はミッションをもち、前に進む。
と同時に皆の人生が重なるステージでもある。

そのステージを更に高みへもっていきたい。
その先、一人ひとりが、高く高く飛べるジャンプ台にしたい。

やるしかない。

皆にとっても自らに真価を問う1年にして欲しい。

さあ2017年をはじめよう。

2017年年頭
寺田 親弘