2017.10.25

【社内制度紹介】新卒社員がいち早く成果を上げるために!「ブランチ」

こんにちは。人事部のびんです。

今回は、主に新卒入社した社員に向けて設計された社内制度を紹介したいと思います。

その名は「ブランチ」。

「ブラザー(先輩社員)」と「ランチ」するということでブランチと名付けられました(Sansanでは女性の先輩社員も活躍しています)。一般的な企業の制度に例えて説明するなら、新卒入社の社員を対象にしたメンター制度などに近い内容の制度だと思います。

Sansanでは、入社から1年間が経過するまで、新卒社員1名は先輩社員1名とペアになってもらい、月に1度ランチに出掛けてもらいます。半年間でペアを組む先輩社員を変えますので、1人の新卒社員につき2人の先輩社員が付くかたちになります。また、新卒社員とは異なる部署に所属する先輩社員とペアを組むように設計していることも、この制度の特徴の一つといえます。

それでは、実際のブランチの様子を紹介する前に、まずは制度の背景や目的を説明します。

新卒社員の成長を促す

期待と不安が入り交じる中、Sansanに入社した新卒社員に、いち早く成果を上げてもらうための施策の一つとして、ブランチという制度は始まりました。

早期に成果を上げてもらうためには、所属する部署でさまざまな指導やレクチャーを受けることはもちろんですが、所属していない部署の先輩と話す機会を定期的に設けることでいつもとは異なった視点でアドバイスが得ることもまた必要であると考えています。

また、新卒社員であれば、社会人生活そのものに慣れていないケースもあります。そのため、この制度でペアを組む先輩社員には、仕事からは少し離れてプライベートな話を気軽に話せる相談役としての役割も担ってもらっています。

肩肘張らずにコミュニケーションができる気軽さがいい

社員の紹介

今回、この記事のために様子をのぞかせてもらったのは、Sansan事業部プロダクト開発部に所属する2017年に新卒入社した福田立樹とEight事業部System Groupに所属する入社4年目の藤井洋太郎のペアです。

20171024194907 cec72c409ff1e9795b5130f971367840258081ff - 【社内制度紹介】新卒社員がいち早く成果を上げるために!「ブランチ」
明るい表情で語る福田。毎月のブランチを楽しみにしていると話していました。
20171025113443 5ef78165c18a587ff4e28facd0fb56f63067cba5 - 【社内制度紹介】新卒社員がいち早く成果を上げるために!「ブランチ」
後輩の話を真剣に聞く藤井。彼自身も新卒社員として入社したこともあり、入社1年目の新卒社員と話すことはとても刺激になっているそうです。

彼らに共通していることは、2人ともエンジニアであるということ。月に1度のブランチを通して、それぞれの事業部における開発の事情などについても情報交換ができているようです。

それでは、ブランチの様子と2人の感想を交えながら、レポートしてみたいと思います。

20171024194941 0a769f8404a9b615057fb32461c70815204928a9 - 【社内制度紹介】新卒社員がいち早く成果を上げるために!「ブランチ」
社内制度ですので、費用は会社が負担します(上限は1000円/人)。今回、彼らがブランチで訪れたのは会社の近くにある「彩」というお店でした。
20171024195000 38f07803de489df53ccb361307010340bd79a9c5 - 【社内制度紹介】新卒社員がいち早く成果を上げるために!「ブランチ」
このお店は全席個室なので、周囲の声や会話なども気になりません。ブランチをするには、もってこいのお店でした!
20171024200735 d4db084a3c9846f172fe2a61dd25320076a5dcdc - 【社内制度紹介】新卒社員がいち早く成果を上げるために!「ブランチ」
料理が来るのを待っています。「今月で最後か〜。来月からは別の社員とペアになるね。これまでどんな話をしてきたっけ?」と、二人はこれまでの半年間を振り返ります。

半年間のブランチを振り返って

最後に食事中ではありましたが、少し時間をもらって2人にこの半年間の感想を聞いてみました。

福田
開発で行き詰っていたことがあったときに、ブランチで藤井さんに相談しました。
「本当はこうしたい」という思いがあったものの、いきなりチーム内のメンバーにそれを伝えていいのか、言っていいとしたとしてもどのように言うべきかよく分からなかったので、藤井さんにそのことを相談したところ、エンジニアの立場から具体的なアドバイスを貰えました。あのときは、相談できたことで割といい意味で吹っ切れたので助かりました。
仕事の具体的な悩みはもちろんのこと、雑談も多く交えながら話をしてくださったので、楽しく有意義な時間を過ごせました。

藤井
私は入社して4年目になりますが、ブランチは貴重な時間でしたね。
最近は、新卒入社した社員と一緒に仕事する機会が減ってきていたので、福田くんとのブランチを通して、今の新卒社員の雰囲気を知ることができました。ここで得たことは、自分が後輩と接するときのヒントになったり、新卒入社候補者との面接や面談の機会に活用できたりしていると思います。
福田くんは、過去にブログの記事で紹介された「TechDojo(社内のエンジニアが教えるプログラミング教室)」の運営メンバーとして一緒に企画を考えてくれています。ブランチの時間に「次はどんなテーマにしようか」という話もしましたね。月に1回開催しているエンジニアの社内LT(Lightning Talks)大会にも毎回参加して盛り上げてくれています。
所属する部署で成果を上げることに向き合うことはもちろんですが、部署を越えた橋渡し的な役割も福田くんは担ってくれていたので、いまは彼が半年前よりもぐっと頼もしく見えます。そういう意味では先輩・後輩の上下のつながりだけでなく、部署をまたいだ横のつながりもブランチで生まれているなと感じています。

今回は、新卒社員向けの社内制度「ブランチ」を取り上げました。

社員が成果を上げることに邁進できる環境づくりに向けて、Sansanの人事部はこれからも積極的に取り組んでいきます! 次回の社内制度紹介もお楽しみに!

text: 人事部 伊東敏(びん)