mimi

Sansanの
人・組織・カルチャーを
伝えるメディア

入社後のホンネ[Sansan事業部 セールスディベロップメント部 井原 淳希]

入社から少し時間が経ったメンバーに、現在のSansanライフについてホンネを聞き出す当連載企画。今回、入社後に変わったイメージ、挑戦していることなどを語ってくれたのは、セールスディベロップメント部の井原です。

セールスディベロップメント部とは
見込み顧客へのアプローチに加え、既存顧客との関係性を深めながら、継続的に取引を増やすことに向き合う部門

Sansan入社から現在までの業務内容を教えてください。

2022年11月に入社し、セールスディベロップメント部のオンボーディング研修を受けた後、中小企業を対象にインサイドセールス業務を行う部門に配属されました。その後、エンタープライズ規模の既存顧客を対象にインサイドセールス業務を行うグループに異動したタイミングで、表参道本社から関西支店に転勤しました。

異動によって担当する企業の規模は大きく変わりましたが、入社から変わらず営業DXサービス「Sansan」を中心に、インボイス管理サービス「Bill One」、契約DXサービス「Contract One」を提案してきました。

今、業務ではどんなことにチャレンジしていますか?

質の高い商談を創出するため、当社のプロダクトの価値を訴求する力を高めることに日々挑戦しています。

具体的には、アプローチしている企業が目指しているゴールに向かって、当社のプロダクトを使ってどのように事業を推進していくのか、相手の目線に立って論理的に説明できるようになることを目指しています。

部署の垣根を越えた一体感と熱量

入社前後でSansanのイメージは変化しましたか。

大きく変わりました。入社前は上場をしていて1000人以上の従業員規模であることから、保守的なカルチャーなのではないかと想像していました。しかし、入ってみると、Sansanのミッションやビジョンの実現を自分ごとにし、熱量を持って仕事をしている社員が多く、とても驚きました。

それを体現しているのが通称「期末企画」という社内イベントです。これは、期末が近づくタイミングに毎朝行われるイベントで、各部門が追っている目標に到達するために、進捗やナレッジを共有する企画です。

部署の垣根を越えた一体感や熱量があり、参加する度に「あと一歩頑張ろう」とポジティブな気持ちになります。ゲストとして役員も参加する日もあり、さまざまな人が集うお祭りのようなムードはまさにベンチャー企業です。少なくとも入社前に抱いていた「保守的」とは真逆のカルチャーがSansanにありました。こうした刺激的で熱量の高い組織で自身の成長を実感できて本当に嬉しいですね。