入社後のホンネ 04[技術本部 Bill One Engineering Unit Smart 受領グループ 井戸 智咲]

Columns
2022/09/12

前職と大きく違う業界への人生初の転職と、Sansan株式会社に入社する前に多くの不安を感じていたと話す井戸に、入社後に感じたホンネを多角的にインタビューしました。


業務領域の拡がりを実感

現在どんな業務をしていますか?

あらゆる請求書をオンラインでやりとりすることで請求書業務の効率化を行う、インボイス管理サービス「Bill One」の開発に従事しています。

前職、現在を比較して、ご自身のエンジニアリングにはどんな変化がありましたか?

前職に比べると、業務の領域が広くなったと感じています。具体的には機能開発にとどまらず、仕様策定から、ユーザーの皆様からのFBを踏まえた機能改善まで取り組むことができています。エンジニア以外の職種のメンバーとのコミュニケーションが豊富であることが、こうした業務領域を広げるきっかけになっていると感じています。

Sansanへ入社する前に不安に感じていたことと、その不安が取り除かれたきっかけや出来事があれば教えてください。

初めての転職かつ前職とは異なる業界なので、プロダクトについての理解を深めるまで時間がかかりそうだと不安でした。ところが入社してみると、オンボーディングのための資料が大変充実していたので、苦労するようなことはありませんでした。

DSC00090 - 入社後のホンネ 04[技術本部 Bill One Engineering Unit Smart 受領グループ 井戸 智咲]

入社後、Sansanライフの中で印象に残った出来事を教えてください。

「Sansanのカタチ」について考える機会が印象に残っています。Mission・Vision・Valuesは多くの会社が策定していますし、前職にもありました。会社として目指す方向を示すことが多いと思うのですが、この研修を通じて、自分の業務に落とし込むことができました。実際の業務とMission・Vision・Valuesがマッチすることで、より前向きに納得感を持って業務に取り組むことができています。

入社前と後で、Sansanエンジニアに対するイメージは変わりましたか?

あまり変わっていません。入社前のイメージは、みんな技術に対する関心が高く、技術力を磨くことに熱心であるという印象を持っていました。入社後、一緒に仕事をする中で「みんな技術が好きなんだな」と思う機会が多く、入社前の印象とほとんど変わっていません。

入社して少し時間がたったいま、これからSansanエンジニアとして挑戦したいことを教えてください。

今は個別の機能開発やユーザーのFBを踏まえた機能改善を行うことで、サービスの改善に取り組んでいます。将来的にはサービス全体を俯瞰して、ユーザー体験の向上につながるサービスの改善に取り組んでいきたいです。そのために、技術の観点のみならず、ビジネスの観点での知見も得ていきたいと思っています。

Sansanで開発するからこそ、得られる経験や知見は何だと思われますか。

ずるい回答かもしれません(笑)が、挑戦できる環境が揃っているので、自分の志向に合わせて、さまざまな経験や知見を得られると思います。

Sansan技術本部 募集ポジションの情報を公開しています

bnr mimi - 入社後のホンネ 04[技術本部 Bill One Engineering Unit Smart 受領グループ 井戸 智咲]

技術本部で募集しているポジションについて、各職種の情報から関連記事、概要やミッション、技術スタック、社内制度に至るまで網羅しています。Sansan技術本部の各ポジションをより具体的に知りたい方はぜひご覧ください。

技術本部採用情報はこちら

text&photo: mimi

Pick Up