入社後のホンネ 06[技術本部 VPoE室 組織デザイングループ 天野 恵子]

Columns
2022/09/21

入社から少し時間が経ったメンバーに、Sansanの入社についてホンネを聞き出す当企画。今回インタビューをしたのは、転職を機に「組織デザイン」という業務にチャレンジをした天野です。Sansanでの業務の難しさや面白さから、不安だったことまでをホンネで語ります。


個々の強みを活かし
チームとして最大限にパワーを発揮する

現在どんな業務をしていますか?

技術本部のエンジニアが最大限にパワーを発揮できるよう、事務処理や各種管理業務など横串で巻き取り、全体最適を目指してアシスタントメンバーと共に、日々支援に情熱を注いでいます。

前職、現在を比較して、ご自身のエンジニアリングにはどんな変化がありましたか?

前職では開発プロジェクトのプロジェクトマネージャをしておりましたが、現職ではその経験を生かしてエンジニアを下支えする立ち位置で、メンバーと共に一丸となって、我々グループのミッションに取り組んでいるという実感があります。

Sansanへ入社する前に不安に感じていたことと、その不安が取り除かれたきっかけや出来事があれば教えてください。

組織デザインという私自身が経験したことのないフィールドだったので、どのようなことを軸として進めたらよいか、入社前に漠然と不安に感じておりました。そこで、入社前にVPoEの西場と話す機会があり、その際に何を事前準備したらよいか率直に質問をしたところ、コンテキストを合わせるためにも、読んでおくとよい書籍を10冊ほど教えてもらいました。それらを入社前に読み解きながら理解を深めることができたと思います。

DSC 6528 - 入社後のホンネ 06[技術本部 VPoE室 組織デザイングループ 天野 恵子]

入社後、Sansanライフの中で印象に残った出来事を教えてください。

組織としての枠組みに囚われすぎることなく、個々の強みをお互いに知って活用していく、組織やチームとして最大限にパワーを発揮していく、という取り組みや仕事の進め方を目の当たりにし、美しい・・・と日々感じています。私のグループのミッションに向き合っていくと、他部門を巻き込んでの最適化検討や調整が必須となるのですが、私が発信した情報に対して他部門の方が反応してくれて、一緒に課題解決を進めていこう、とお声をかけてもらうこともあり、皆でアクションを進めていけていること自体にとても感謝しています。

入社前と後で、Sansanエンジニアに対するイメージは変わりましたか?

もともとキャリアプロフィール「Eight」のユーザーだったころから、Sansanにはものづくりに対するアプローチや発想が素晴らしいと感じていました。(例えば技術とアナログのバランスなどです。)また、入社前にはWEB上にあるコンテンツ類をチェックし、人を大切にしながら、日々の積み重ねを続けていく姿勢も垣間見ることができました。入社前に感じていたこれらのことに対し、入社後にイメージが変わることはなく、むしろ一層の理解が深まったと思います。

入社して少し時間がたったいま、これからSansanエンジニアとして挑戦したいことを教えてください。

個別最適となっている仕組みやツール類、管理手法や運用を、全体最適に向けて引き続き取り組んでいきたいと思っています。現在できることをコツコツと進めていき、スコープを徐々に広げていったり、PDCAを回してより良い体制や仕組みへ確立させていく、ということです。その際、これまでのエンジニアとしての様々な経験が非常に役立っており、プロジェクト化して計画や設計をしながら進めています。

Sansanで開発するからこそ、得られる経験や知見は何だと思われますか。

ミッションやOKRとして明確に方向性が掲げられており、ブレることなくチームで進めていくことができます。短期間に成果を求められるような大変さもありますが、だからこそメンバー一人ひとりが活躍し、結果的にどんどんステップアップしていく。チームとしても強くなりますし、一つひとつのヤマをみんなで越えていく楽しさもあります。こうしたことを積み重ねていくことにより得られるものは、非常に多岐にわたると思います。

Sansan技術本部 募集ポジションの情報を公開しています

bnr mimi - 入社後のホンネ 06[技術本部 VPoE室 組織デザイングループ 天野 恵子]

技術本部で募集しているポジションについて、各職種の情報から関連記事、概要やミッション、技術スタック、社内制度に至るまで網羅しています。Sansan技術本部の各ポジションをより具体的に知りたい方はぜひご覧ください。

技術本部採用情報はこちら

text&photo: mimi

Pick Up